続いてはJB桧原湖前編。
 
初戦は例年通りプリスポーン真っ只中の5月17日。
 
ご存じの通りプリスポーンに苦手意識を持っていた桧原っ子。ですが、それはもう過去のこと。
 
ここ数年はほぼリミットは揃え、良くも悪くも20番台でクリアできているので、今年はプリスポーンの初戦に苦手意識を感じずに臨めました。
 
毎年この時期軸にする釣りは主にジグヘッドのミドスト・水面浮遊系(i字系)・シャッドの3つ。
 
その中でプリプラからシャッドへの反応が高く、多くのお魚に触れることができました。
 
 
シャッドと言えば「桧原っ子。がシャッドを投げている時は大概迷走している時」と一部で囁かれいたほど不得意でしたが、長年抱えていた問題が解決した桧原っ子。は一味違いました!
 
そう!STRADA KS-S63L-ML STを手にしたからね!!
 
 
そしてもう一つ。
 
前プラでもう少しレンジを落としたいと手持ちのシャッドを見つめ悩んでいた桧原っ子。の前に現れた彼。
 
彼のデッキに転がる桧原っ子。が使用していたシャッドの新発売ディープレンジ版を半ば強引に拝借。
 
お陰さまでストレスフリーで試合をすることができました!
 
「桧原っ子。に優しくすると試合で勝てる」なんてことがあるかもですよ!(^^)
 
試合の方は早い段階でリミットを揃えましたが入れ替えに苦戦し、3本・2162g・19/120位と例年通りの無難なスタートとなりました。
 
 
ただハードルアーで獲ったお魚なのにフック飲み20gペナルティーなのは残念(´д`)
 
飲まれたフック外しが得意な桧原っ子。でも、残っているラインが短くお口の奥底に刺さっていたので断念。
 
ラインの劣化具合から今シーズンに残されたフック。
 
赤金くんでのラインブレイクはブラックに比べそうそうないと感じているので、定期的にラインのダメージ確認や細いポンド数を使う場合はタックルバランスをしっかり考えて使用して頂きたいです!
 
もちろん最強釣糸SUNLINEを使えばブレイクしないけどね!(^-^)
 
タックル
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS-S63L-ML ST
ライン・SUNLINE FCスナイパー 3.5lb
ルアー・拝借シャッド
 
 
 
そして自称得意な第2戦は7月19日。
 
ご存じの通りプリプラはTOP50に被り2週間前と前プラのみ。
 
2週間前はキッカーの捕獲はできたものの、ベースとしたい700gクラスが難しい感じでしたが、前プラではウィードパッチで非常にイージーな展開。
 
 
と、調子にノったのが悪かったのか、当日はパワーダウン感が否めずどうにか1800gまでウェイトを上げたところでキッカー捕獲へ。
 
中々思い通りの展開からはかけ離れましたが、帰着間際に待望のキロサイズを捕獲し帰着。
 
結果3本・2324g・2/116位と、もどかしい順位になりましたが、シーズン前の1月9日の記事で「試合中におっきいお魚捕獲しました」と書いたことが有言実行できて良かったです☆
 
 
 
なんでも言っておくもんですねw
 
 
メインタックル
ロッド・KILLER HEAT  STRADA  KS-S63UL-ML ST
ライン・SUNLINE  FCスナイパー  3lb
ルアー・ダウンショット
 
 
と言うことで、首位と7p差の良い位置で後半戦に入ることができました!
 
 
次回、JB桧原湖後編。
スポンサーサイト

12/22|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム