年内に反省しておかないと「もういいや」となってしまいそうなので、毎年恒例の反省会を始めたいと思います。
 
まずは福島チャプター前編。
 
 
初戦は5月の後半24日。
 
例年通りであれば所謂"アレ"な試合になることは大方予想のできる日程。
 
だがしかし、突発的に桧原っ子。に降りかかった諸事情で前プラが不可能にorz
 
出場自体が危うい状況でしたが、多くの方々に助けられ出場することができました。
 
ホントにありがとうございました!
 
 
前プラができなかったので探しながら釣ることとなりましたが、唯一救われたのがタックルのセレクトを悩まずに済んだこと。
 
いつもより太めなサンラインFCスナイパー4lbと、秒殺必至ストラーダKS-S63UL-ML STのタックルオンリーでボトムカラーの変化を目視。
 
無難にベタなエリアしか攻めることができませんでしたが、初戦そして出場が危ぶまれた状況としては納得の3本・2584g・9/100位。
 
反省点は勝負所を色々と見誤った立ち回りをしたこと。
 
 
ついでに前々日に起きてしまった突発的な諸事情が今年一番の反省点です(+_+)
 
メインタックル
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS-S63UL-ML ST
ライン・SUNLINE FCスナイパー 4lb
ルアー・ダウンショッド
 
 
第2戦は6月28日、福島チャプター最大の鬼門・曽原湖。
 
前プラではお魚には触れることはできたが掴み所がなく、桧原っ子。が一番嫌な感触の「釣れるけど釣れない」状態。
 
 
安心材料を探すべく"アレ"の目視にも試みましたが、桧原っ子。の眼球には自信を持てるほどのお魚は写らず仕舞い。
 
 
当日は前日目視した中で多少お魚を観賞することができた場所や、少なからずでしたが魚探が示したポイントを"とにかく丁寧に"パターンでどうにかリミットを捕獲。
 
掴み所のない展開でしたが3本・1090g・10/59位と踏ん張り、前半戦を7p差の3位で折り返せました。
 
 
反省点はリミット後の攻めるべき位置を間違えたことと、要所でプチ迷走をしてしまったこと。
 
メインタックル
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS-S63UL-ML ST
ライン・SUNLINE FCスナイパー 3.5lb
ルアー・リアクションキャロ
 
 
と、例年通り無難な立ち回り前半戦でした。
 
次回、福島チャプター後編。
スポンサーサイト

12/14|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム