では当日。
 
スタートは第2フライトでしたが、メインエリアには一般の方が一艇浮いているだけでした。
 
先行者の方に了承を得て、しかも激励の言葉まで頂き、朝から気合いが入ります!
 
が、反してお魚からの返事は帰ってきません。
 
先日書いた通り良いの3本で構わないと思ってはいましたが、さすがに9時半を過ぎてもバイトのひとつも無い状況は良いとは言えず、移動を決断。
 
向かった先は馬の首の岬。
 
サイズはともかく、お魚には触れることが出来るだろうと考えていたが無反応。
 
あまりの反応の無さに雑念が生まれ、ノーフィッシュだった時の年間順位を頭の中で計算してしまったことは内緒です!(´Д`)
※大凡ですけど。。
 
この状況を打破するために出した結論は「一から探す」でした。
 
桧原っ子。の性格上、プラからの流れが最重要で、試合中の思い付きや一から探す行為をすると高確率で自滅します。
 
もちろんある程度把握できている状況では良いですが、この状態では迷走すること間違いなしでした。
 
しかしこのままでは最悪の事態もありうると考え、出した結論は探し出すことでした。
 
そうして向かった南のハンプ。
 
このハンプでの1投目が、この試合流れを大きく変える1本の捕獲に繋がりました!
 
900g超えのナイスなプロポーションもさることながら、ライブェルにお魚がいる安心感を桧原っ子。に与えてくれたことが非常に重要でした!
 
落ち着いた桧原っ子。は、直ぐに2本目を捕獲!
 
サイズはオンザラインでしたが、現状では貴重なお魚です。
 
このままリミット達成かと思いましたが、トーナメントあるあるの"あと1本が捕れない"に陥り移動。
 
シチュエーションを変え1投目、ベースで揃えたかった600g台を捕獲!
 
これでリミット達成ですが、如何せん1番下のウェイトが本当にめんこい。
 
この場所でより丁寧に攻めるとバイト!
 
捕獲したのはめんこい子より10g重い赤金くんでした。 
 
その後バイトが無くなり帰着時間も迫ってきたので、巻き物にシフト。
 
替えて直ぐ強烈なバイト!!!
 
 
心の中で「よっしゃぁぁぁ~~~・・・・・あれ?」
 
ランディングネットに入っている赤金くんは、先程捕獲しためんこい子とあまり変わらない。
 
約20gの入れ替えをしたところでタイムアップ。。
 
結果3本・2006g・13/112位と400g台を入れ替えることが出来なかったのが、入賞に一歩及ばずの結果に繋がってしまいました。(-_-)
 
 
またしても応援してくださった皆さま、期待に沿うことが出来ずごめんなさい(+_+)
 
 
年間順位の方は、333p・8234g・3/136位と最終戦前より一つ上がり、昨年同様の3位となりました。
 
 
基準としている300pと8000gをクリア出来たことには満足していますが、やはり1番上が1番良いに決まっているので、来年も頂上目指します!!
 
 
 
タックル
ロッド・KILLER HEAT EXCURSION KE-S67SUL ST
リール・2506H
ライン・SUNLINE FCスナイパー3.5lb
ルアー・キャロ
 
ロッド・KILLER HEAT EXCURSION KE-S67UL ST
リール・2506H
ライン・SUNLINE FCスナイパー3.5lb
ルアー・キャロ
 
ロッド・グラスロッド
リール・ベイト
ライン・SUNLINE マシンガンキャスト12lb
ルアー・ヒミツ!(巻物系)
スポンサーサイト

09/17|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム