それでは当日。
 
じゃんけんの強い泉さんが初戦と同様に勝って下さり、第一フライト一番グループで目的地の糠裏へ。
 
 
ですが、入りたかったエリアはタッチの差で入れず、仕方なく第2候補のウィードパッチに入りました。
 
数投で1本目の捕獲に成功しましたが、ウェイトは400gほどのめんこい子。。。。
 
前日より明らかに水質が悪く不安でしたが、この1本目でより一層心配になりました。
 
1本目以降バイトもなくなり、途方に暮れつつメインエリアを目視すると、ちょど先行者が移動するタイミング。
 
すかさず入り意気揚々とキャストを繰り返しましたが反応はありません。
 
凹みつつも「これはこれでいつもの桧原湖!」と自分自身に言い聞かせながらより丁寧に攻めると、長い沈黙(30分くらい)を破るバイト!!
※3時間くらい釣れてない気分でしたw
 
捕獲したのはギリ600gの赤金くん。
 
落ち着きを取り戻し、また丁寧に打ち続けると3本目の捕獲に成功!
 
この子が桧原っ子。のベースと考えていた600g後半だったので「まずはこの子ラインでベースを」と安易に考えたのが悪いのか、その後は沈黙が続きました。
 
リミットも揃っていることなのでミドル~ディープのパターンを試みましたが、フットボールで600gと500gを捕獲したのみ。
 
ここまでで約1900gほど。
 
最低ラインは2000gに設定していたので、あと1本は入れ替えをしたいところ。
 
再びシャローに戻るもよろしくありません。
 
そして色々と模索しながら12時過ぎに入った3度目の堂場山で、ようやく求めていた答えが帰ってきました!
 
キロフィッシュ!!
 
この時12時30分。
 
表彰台を狙うならもう1本と再び攻めるも帰着時間を迎えてしまいました。
 
 
結果3本・2324g・2/116位と、入賞は固いかなと思っていただけに思っていた以上の高順位に喜びと共に3番目にプロ戦で捕りたくない順位となりました。
 
 
もちろん1番嫌なのは何もない11位w
 
次に嫌なのは表彰台に立てない6位ですけどねww
 
 
1番気にしている年間成績もジャンプアップしましたし、今年も前半戦を良い位置で通過することができました!
 
ただ今回は本当にタックルに助けられた部分が多く、この記事に書ききれないので後ほど更新したいと思います。
 
 
 
タックル
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS―S63L―ML ST
リール・2004
ライン・SUNLINE FCスナイパー4lb
ルアー・イモ
 
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS―S63UL―ML ST
リール・2506
ライン・SUNLINE FCスナイパー3lb
ルアー・ダウンショット
スポンサーサイト

07/22|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム