※画像は、今回冠スポンサーのボンバーさん&桧原っ子。の先輩・りょうまくん!
 
 
で、当日。
 
頭の中がまとまらず"他の選手の動き次第プラン"・・・って時に限ってよくある第一フライトw
 
色々と考えた末、前夜少ないながらに降った雨による変化を期待しインレットへと向かいましたが、どうも一番乗りできそうになく手前のブッシュでブラック狙いに変更しました。。
 
 
が、釣れん。
 
前日より気圧も光量も下がり、カバー系のブラック達は旅に出たようです。
 
続いて風の強く当たる小規模な岬を攻めようと試みましたが、ちょうど風が巻く場所だった様で釣りになりません。
 
仕方なく、前日何本か赤金くんを目視できた場所へ移動し、去年のメインパターンを敢行!!
 
その名も「とにかく丁寧に!」パターンw
 
このパターンは、居るという前提でとにかく丁寧に攻めるという"だけ"のパターン。
 
1投に時間を掛けるため、失敗した場合、永遠とお魚の居ない場所で釣りをするというリスクの大きいパターンですが、桧原っ子。の中で良く解らない釣れ方をしている時に多用します。
 
 
特に曽原湖ではwww
 
 
言い方を変えれば解ってないだけですが、ギルバイトとミスバイトに悩まされながらどうにか1本目の捕獲に成功。
 
この1本で落ち着いた桧原っ子。は、周囲を見渡し予想以上に人の少ない立ち木エリアの岬に移動し、"とにかく丁寧"に攻めると2本目を捕獲。
 
リグを替え"丁寧"に攻めると3本目の捕獲に成功しリミット達成しましたが、目測ではキロを超えればラッキー程度のウェイト。。。
 
まぁ前日の時点でリミットも危うい可能性があったので、最低限の目標は達成することができ嬉しいですが、ここからは当然、上位を狙えるお魚の捕獲を試みます。
 
 
が、釣れん。
 
結局、またもや決定打に欠く内容で、終了となってしまいました。
 
それでも年間を争う上で重要な曽原湖戦を、3本・1090g・10/59位と、無難にクリアできたのは収穫です!!
 
それにしても、毎年曽原湖戦はドキドキ過ぎです!
 
 
 
タックル
ロッド・BOMBER FACTORY BFSー61XULーST
リール・2506H
ライン・SUNLINE FCスナイパー2lb
ルアー・ダウンショット
 
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS―S63UL―ML ST
リール・2506H
ライン・SUNLINE FCスナイパー3.5lb
ルアー・リアクション気味ライトキャロ
 
 
スポンサーサイト

07/01|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム