今週末は福島チャプターなので、今回のJB戦関連の詳細は控えさせて頂きます。
 
 
・・・なんて全く意味の無い隠し事は致しません。
 
 
今週末はきっと"ボトムカラーの違和感を狙うシューティング"だと勝手に予想しているので、桧原っ子。の何時もの如く無難な初戦の過ごし方をご紹介します。
(一応真面目に勝負はしているつもりです。)
 
 
それではまずプリプラのプラから。
 
プリプラはGW中の5月3・4日の二日間。
 
そんでもってプリプラのプラのメインは、例年同様ボート関連の不具合が無いかの確認と、下界と桧原湖の季節進行のズレ具合を確認の2点。
 
と言いつつ、お魚は捕獲したい桧原っ子。は、この時期に自信のあるエリアで自信のあるルアーを駆使し捕獲を試みます。
 
 
・・・が、捕れん。
 
 
ここまで春爆を期待していた桧原っ子。は「安牌を切ればイイのね」と安易に物事を考えていました。
 
が、無難なエリア&釣り方でもバイトが無く、試合・プライベート合わせ数年振りに桧原湖でノーフィッシュ(ニゴイは連発)を覚悟し半べそ状態の桧原っ子。。
 
最後に立ち寄った早稲沢フラットでアズさんに遭遇し「釣れません。さっぱり解りません。」と泣きつきました。
 
そんな半べそ状態の桧原っ子。を不憫に思った心優しいアズさんは、丁寧なアドバイスと実演をして下さり赤金くんまで捕獲してくれました!
 
↑さらっと捕獲するアズさん。
 
その釣り方を見よう見まねで行った桧原っ子。も捕獲に成功し、数年振りのノーフィッシュを免れました。 
 
 
その釣り方とは「シャッド。」
 
桧原っ子。が桧原湖でシャッドを巻いていたら、高確率で迷走しているのが有名なくらいシャッドに苦手意識を持つ桧原っ子。にとって、目から鱗なアドバイス感謝です。
 
 
そして翌日もニゴイしか捕獲できない桧原っ子。は、シャッドを巻き赤金くんを捕獲し自信を持てるまでになりました。
 
この時もう一つ重要だったのが、以前紹介したKILLER HEAT STRADA KSーS63LーML ST
 
 
前回書いた操作性と掛かりの良さに加え、どこがソリッドとの繋ぎ目だか解らないほどの綺麗な曲がりはスモール特有のボート際の突っ込みにも上手く対応でき、リアフック1本掛かりなどでもバレずに捕獲することができたのが要因の一つだったと思います!
スポンサーサイト

05/19|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム