真っ白な紙を思い浮かべる。


それだけでは、ただの真っ白な紙だが、そこに黒い点が一つでもあると、その紙はもう真っ白な紙ではなくなる。

そんな黒い点の様な存在に桧原っ子。はなろうと思ったのだが・・・。



今回の東北ブロックチャンピオンシップ、桧原っ子。は黒い“シミ”になってしまいました。

ん~この。

※↑とある場所から拝借しました。
 拝借場所が解った方は、桧原っ子。と気が合いそうですねw




と、前置きはこの辺にして、東北ブロックチャンピオンシップ当日のこと。

前回打ったように、前プラでは今年一番桧原湖が理解できていませんでした。

その上、5本リミット。

そんな状況で普段の桧原っ子。ならば、プランを180度変更し、魚に触れながら少しずつ感覚を合わせるんですが、今回に限っては最低でも表彰台以外意味がない。


だからこそ多少感触を得れた数ヶ所で勝負に出た“つもり”でした。


が、朝一にポイントに着くなりスッカスカなエレキのペダルに絶句。

どうにか釣りのできるレベルまで直すも、今度はペダルの滑車部のワイヤーが外れる始末。


ん~なんだか。


そんなこんなが続き、リズムがイマイチ噛み合わない感じのまま、試合中盤を過ぎてもお魚に触れられていない桧原っ子。。


トラブルのせいにだけはしたくない。むしろ「エレキは絶不調でしたが、お魚は絶好調でした!」と言いたい!


が、しかしそれだけでどうにかなるものではないのがお魚釣り。


その後は「あ~でもない、こ~でもない」と試行錯誤を続け、10本捕ってキーパー4本と比率が1対1にもならないまま終了となりました。


ホント河口湖に行っている間に、桧原湖がスネてしまったようです。


もうツンデレなんだから桧原湖!・・・・・・ん?今年一年デレが無かった気がしなくもないが・・・。


兎に角今年は、リミットならずから始まり、リミットならずで終わるという黒い“シミ”のサンドウィッチで終了するハメになりました。


まだまだ詰めが甘い2014年でした。。。

スポンサーサイト

11/07|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム