事件ネタにして良いのかなぁ。。


皆さんの中には、既に経験済みの方がいらっしゃるとは思いますが、先日、桧原っ子。は「知らない方が車に乗る」ってのを始めて経験しました。

↑意味がわかんないかな!?


でゎ・・・その時の状況を。。。


誰にだって間違いはありますよね!

それも思いもよらぬ時に!

そんな時って、思わず時間が止まったの如く『フリーズ』しちゃいますよね。


先日桧原っ子。は、とある場所に用事があり愛車「グラさん」で行ったんです。

用事を済ませ、グラさんのエンジンを始動。

駐車場を出るため進行方向に目を向けると、一人のご老人の姿が目に入りました。

隣には軽トラで待っている方がいたので、「隣の方かな?」と乗車するまで待っていました。

するとグラさん後部座席のドアを開ける音。。。

桧原っ子。は、思わず振り返りました。

そのご老人は桧原っ子。のグラさんに乗車しようとしていました。

桧原っ子。「あのぉ・・・」

ご老人「あっ。こっちじゃなかった。」

間違えたようでした。

「まぁ間違える事なんてしょっちゅう有るよね!」と、桧原っ子。
※心の中で!

安全を確認すべくご老人の方を見ると・・・・なんと桧原っ子。の真横に。。。

そうです。グラさんの助手席に乗車していたんです。

桧原っ子。「あ”。。」

この言葉と共に見つめる二人。




見つめること約5秒(桧原っ子。の体感で!)

所謂フリーズってやつです。

その後、二人とも意味がわからず微笑合いました。。。。とさ!!


桧原っ子。にとっては初体験でしたが、十年近く前、後輩が「この前、知らない車に乗ってしまいました。」と言っていたので、多分たまぁ~にあることかなぁと。。

でも、後部座席と助手席のダブルは結構レアかなぁ?


笑顔が素敵で非常に愛嬌のある方だったので、去り際、満面の笑みを浮かべ手を振った桧原っ子でした。


スポンサーサイト

05/11|事 件コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
久々の訪問になってしまいました~(ヽ´ω`)

笑わせてもらいました(笑)

僕も、小学校の頃ですね。
いとこと遠野市へ帰郷した際、駅前で待つGファザーの車にのりこもうとしたんですよね。
したっけ、助手席に手を伸ばす謎のオバサマが。。。
えっ?っと、やっぱりフリーズ(笑)
オバサマは、「は?」などと、「なによあんたたち」モーヅ。
目が点通り越して瞳孔が開き始めたときに、オバサマが運転手を確認し、赤面したのち、足早に去っていかれました。
どんとはれ。
From: つなまよ * 2011/05/11 23:54 * URL * [Edit] *  top↑
つなまよ。
あはははww

そりゃ瞳孔も開くわ!

ちなみに俺は、自分で車の鍵開けたのに、自分が違う車に乗ったのかとフリーズした5秒間の間に本気で思った。
From: 桧原っ子。 * 2011/05/12 01:30 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム