寒いと必ず思うこと。

それは、ガスライターの点きの悪さ。




現在、喫煙者の桧原っ子。は基本、お家ではZIPPOを使用するんですが、よく私物を放置プレイする癖があるため、一歩外に出ると簡易のガスライターを使用してます。

そんな中、毎年寒い時期になると思う“ガスライターの点きの悪さ。”これ何とかならない?

火の調整部分にある+と-。

これをw(WINTER)とs(SUMMER)用に変えてもらいたい。

無論、各地方で強さを調整して東北地方はちょっと強めとか!

そんな「すげぇ~いいアイディア考えた!」とか思っていた矢先、とある番組で縄文時代の火の起こし方をしている映像を見て、多少点きが悪くても現存のガスライターで良いと思いました。

だって『手もみ法』とか言う棒を必死で回すの、マジ大変そうだったもん。

それを見て桧原っ子。は思った。

その後、開発されるヒモが棒に巻きついたり、戻ったりする『まいきり法』を考えた人(仮に以下Aくん)と、その周りの人たちはこんなやり取りをしたのではないかと。

Aくん「俺、元グリグリ担当だったんだけどさ、その棒でグリグリ辛くねぇ~?」

グリグリ担当Bくん「まぢ辛い!火起こすと腕パンパンでさぁ、あの子も十分に満足させてあげられないよ~。」

Aくん「でさぁ~俺、こんなの考えたんだけど、よくねぇ~!」

グリグリ担当Bくん「まぢ、こんなんで火起きるの?」

Aくん「まぁ使ってみろって!!」

グリグリ担当Bくん「これすげぇ~!!!お前天才だって!」

傍観者Cくん「お前すげぇ~な!明日から村長だ!」

って。

そして時は流れ奈良時代。

ある所に、火起こし担当のDくんは、自分の仕事に不満を感じでいた。

Dくん「まぢ毎日毎日、棒をギュインギュイン面倒臭いなぁ。この時間短縮できれば、あの子と遊べる時間増えるのになぁ。。」と。

するとそこへ謎の旅商人Eくんが現れる。

謎の旅商人Eくん「お前、その仕事に不満を感じているのか!?俺の持っているコイツならその不満解消できると思うけどな・・・」

Dくん「え゛?そんな石で?無理無理!そんな物で火を起こすの出来るわけないって!」

謎の旅商人Eくん「まぁ見てなって!」

“カチッカチッ!!”ボゥッ・・メラメラ!!

Dくん「すげ~な!お前天才だよ!」

傍観者Fくん「お前すげ~な!明日から貴族だ!」

って感じで火打石がメジャーになったのかと思う。


※あくまでも桧原っ子。の妄想です。

スポンサーサイト

03/03|私 的コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
最近ちょいちょいアンダーなネタが出ますなァ(笑)

毎日更新ガンバッテクダサイ
From: つなまよ * 2011/03/04 12:14 * URL * [Edit] *  top↑
つなまよ。
桧原っ子。BLOGは、今年から規制緩和されたんだよ☆

From: 桧原っ子。 * 2011/03/05 02:47 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム