昨日購入『爆音列島14巻』

『士道』や『スカイハイ』で有名な高橋ツトムさんの所属していた1970年代から1980年代に実際にあった暴走族チーム「ZERO」がモデルの作品です。

この漫画の特徴は、暴走族を理想化せず、社会との軋轢や抗争の中の倦怠感、暴力団との関係などをリアルに描写しているのが特徴です。

作者の高橋ツトム氏は青年時代に暴走族に所属していたことがあり、「自伝的作品」として扱われています。

1980年代初頭の時代背景のほか、主人公の高校中退や二人の友人の事故死などもすべて作者自身の体験に基づいて描かれています。
※Wiki参照。

決して桧原っ子はヤンキーや暴走族に憧れてたわけではありません。

ですが、リアルな矛盾にリアルを感じる作品です。?

まぁ兎に角、凄く惹きつけられる作品です。

独特の画力にも魅了されますが、80年代に大暴れしていた方々には必見の作品です!!!

20100123003150
スポンサーサイト

01/23|愛 好コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2010/01/23 15:00 *  * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム