このお話は、桧原っ子が実際に見た事件ではございません。

※※※※※※※※※※※※※※

それは、ある日の桧原湖。

本ちゃんは、一人で湖上に浮かんでいた。

やや沖目にポジションをとり、シャローを見ると1艇アルミボートが走行していた。

本ちゃん「あんなドシャロー危ないなぁ?」

よく見ると、おっさんが一人で操船している。

真新しいそのボートは、依然として岸沿いのドジャローを走行していた。

速度はデッドスローに近いが、ボートの真新しさが不慣れさをも漂わせていた。

時折、そのおっさんは水中に視線を落とす。

本ちゃん「何があるんだ?ネストかな?」

気になった本ちゃんは、そのボートに釘付けとなった。

すると直後、このおっさんに事件が舞い降りた。

ブッシュの前を横切ろうとしてもなお、水中に視線をやるおっさん。

そのブッシュは、枝が一箇所飛び出していた。

前方を見ずに走行していた為、帽子をさらわれたおっさん。

帽子は、水面へ落下した。

本ちゃん「うふっ。やっぱり。」

その帽子に気を取られ、顔で追いかけるおっさん。

次の瞬間、そのブッシュの影に隠れていた別の太い木が、おっさんの後頭部直撃をした。

“ゴツッン”

まさに、ランニングエルボーの様だ。

本ちゃんはじっと笑いに耐えいたが、限界が近い。

思いもよらぬタイミングで後頭部への打撃を受けたおっさんは、体制を崩した。

水中への落下を恐れ踏み止まるおっさんであったが、腕力だけで抵抗したことが仇となり、エンジンをフルスロットルにしてしまった。

暴走するボート。

そのまま舵を取られた暴走ボートはブッシュの中へ。

“ガサガサガラガラ!!!”

本ちゃんの堪えていた笑いは限界を超えようとしていた。

すると、追い討ちを掛けるようにブッシュの中から「うぅ・・・いってぇ・・・。。」と喘ぐ声。

本ちゃんは即座にエンジンを掛け移動し大爆笑をした・・・らしい。



※この事件は、本ちゃんの話を忠実に文章化したものです。

  桧原っ子は一切この事件に関係はございません。
スポンサーサイト

09/26|事 件コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
本太郎君の廻りは
ネタばかりだなぁ~
こんど近ずいてみよう
・・・いや事故に巻き込まれそう!(-o-;
何かやらかしそうだ・・(^_^)
From: 大工 * 2008/09/27 12:24 * URL * [Edit] *  top↑
スゲ~ 未知との遭遇 本ちゃん恵まれた環境にいてそ~です 結構こ~ゆ~の多いよね オイラも寝せてもらおうかな!なんて思ったりなんかしたりしてです 君達のフィールドは面白すぎですv-218 

こんばんは♪
はるのきの嫁です( ̄ー ̄)ニヤリ
読ませて頂き爆笑しましたi-179
文章お上手i-189
これからも主人にみせてもらいまーすi-233
From: はるのき * 2008/09/27 22:47 * URL * [Edit] *  top↑
大工さん。
まずは車ぶつけられますよ!
本ちゃんイジればネタ不足なしです。
From: 桧原っ子。 * 2008/09/28 20:21 * URL * [Edit] *  top↑
はるのきさん&お嫁さん。
本ちゃんが居ればネタ不足なしです。
試合もある意味緊張感ナシですが。。

こんばんは!
まだまだ未熟な文章力ですが、これからもウケるお話アップし続けます!
From: 桧原っ子。 * 2008/09/28 20:35 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム