続いての反省は福島チャプター。
 
今年はスポーニング期のエリア規制などもあり、例年よりも初戦の開催時期が遅いうえ鬼門の曽原湖からのスタート!
 
相変わらず読めない曽原湖に翻弄されながらも、試合中盤と終了直前に捕獲し2本でウェイイン。
 
結果は2本・486g・25/70位と複数ウェイイン最弱でした(´-ω-`)
 
 
反省点は昨年と同じ場所で掛けたお魚を同じ様にミスしたことと、キープ未満のお魚ラッシュに時折訪れるオンザラインをことごとくミスしたこと。
 
帰着直前の悪あがきフィッシュは良しとしてもミスが多すぎる試合でした( ´△`)
 
反省です。
 
 
第2戦はうろうろ目視で攻めるものの、不用意な動きをしてしまったりとシャローでは1本のみ。
 
そのうち風で目視がしにくくなりミドルへ。
 
軽いのから重いのなどで手当たり次第に捕獲も平均的なお魚で終了。
 
結果3本・2117g・16/86位と、半端な動きが多かった試合内容と同じく半端な成績でした(/o\)
 
 
反省点は、中途半端な動きと目視で使用していたものの微妙な誤差に気づけなかったこと。
 
後に誤差を修正したらすこぶる反応が良くなりました!
 
反省です。
 
 
第3戦は翌週にTOP50桧原湖戦があり、その翌週開催されるJB桧原湖戦の事実上のプリプラ最終日。
 
この時点での最終戦を残したJB桧原湖の年間順位がトップだったこともあり、色々と悩みましたがプリプラ的要素を強く意識した試合にしました。
 
結果3本・948g・70/94位と今シーズン唯一の参加点のみという始末(´д`|||)
 
反省点は多々ありますが、一番はやはりトーナメントは常に最善を尽くさなければダメだと言うこと。
 
反省です。
 
 
そして最終戦
 
目指した平らな場所に入れず付近をうろうろし、どうにか捕獲するもめんこい子ばかり。
 
あの手この手で少しずつウェイトをあげるも全く手応えなし(´-ω-`)
 
結果3本・1756g・28/86位と中途半端な成績。
 
 
反省点は持ち場所が少な過ぎたこと。
 
反省です。
 
 
年間成績は18/121位と、最初から最後まで似たような順位をうろうろしただけの中途半端さ。
 
来シーズンの福島チャプターはもっと攻めようと思います!
 
 
 
桧原っ子。ガイドサービス
 
桧原湖フィッシングガイド
 
詳しくは下記のアドレスへお問い合わせ下さい↓☆
スポンサーサイト

12/25|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム