今シーズン桧原湖の試合に出場する選手は、湖のルール変更に目が行きがちになりますが、今年のJB/NBCトーナメントルールの変更点にも注意してください。
 
変更点は三ヶ所。
 
●ひとつ目は、第27条JBトップ50への昇格面接基準の成績、【1-b-ロ】JBプロシリーズ(JB2を除くローカルシリーズ):各シリーズ年間優勝者。
但し、上位者が辞退した場合は総合3位までの選手に昇格面接の資格が与えられる。
 
ルールブックP46。
 
こちらは昇格の間口が広がり、よりTOP50に挑戦できる選手が増えそうですね!
 
 
●ふたつ目は、第15条(2)スポンサーの利益保護のため、本協会に対し協賛なきメーカーのボートと船外機を大会で使用する場合、そのメーカー名、製品名(ロゴも含む)を露出してはならない。
協賛なきメーカーの船外機はトーナメント以外(駐艇、けん引時等)でも製品名(ロゴも含む)を露出してはならない。
 
スポンサーあってのトーナメントなので、スポンサーを大切にすることはとても重要です!
 
しかしこのルール、正直わかりづらい。
 
ルールブック2017年度JB・NBCスポンサー(P17)に記載されているメーカーなら間違いなく使用可能ですが、判断しづらい社名・ロゴもあります。
 
もし少しでも不安がある場合は、事前に本部等に確認することをオススメします。
※テープ等でロゴを隠している姿勢があれば問題ないようですよ。
 
ちなみに協賛社以外のボート・船外機の露出違反は『マイナス200g』です。
 
 
●そして最後は、第15条の〈補足〉ゼッケンを縫い付けたウェアを一番上に着用しなければゼッケン不備となる。
ただし、冬季から3月までは防寒着の着用を認める。
 
ルールブックP43。
※ボート上ではエンジンベルトがあるので適用外のようです。
 
調べてみると12月~2月、旧暦(太陰太陽暦)だと10月~12月が冬のようなので、但し書き部分はほとんど桧原湖には該当しないです。
 
せめて桧原湖の5月は着用認めてくれないかしら。
※まぁ上着にワッペン付ればいいだけですが。
 
余談ですがゼッケン不備のペナルティーは『マイナス200g』と『減点1』です。
※累積減点5を越えると大変です。
 
ワッペンを付ける位置も明記されているので、特にJB1年生は要注意です!
※たまに逆になっている方がいますので!
 
 
と、たまには真面目なことも書く桧原っ子。でした(°▽°)
スポンサーサイト

02/24|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム