では当日。
 
フライトの抽選は9番と「桧原っ子。のラッキーナンバー&シングルスタートで引き運アリ!」と喜んだのも束の間、参加人数が18人と知りド真ん中のド真ん中と何とも言えぬスタートとなりました。
 
気持ちを切り替え、朝イチに向かったエリアは昨日反応のあった石積。
 
シャッドをキャストすると5投ほどで1本目の捕獲に成功!石積キリギリで着水と同時にバイトしたそのブラックはやはり黒々しく、そしてやはりウェイトは500gと少し。
 
そのまま丁寧に流していると再びバイト!こちらも先程のお魚と同じ浅い側に陣取る500g強のブラックブラック。
 
ウェイトはともかく、不馴れなフィールドでの出だしとしては申し分ないスタートが切れました。
 
が、しかしそう簡単に物事は進みません。
 
直後に一段下でバイトを得るも乗り切らず、続けざまに得たバイトも抜けてしまいましたorz
 
一段下のお魚はバイトが浅く、前日捕獲できた際もリアフック一本薄皮一枚状態だったので多少覚悟はしていましたが、連続してチャンスをものにできないとなるとリミットも揃えていない現状では不安が増すばかりでした。
 
バイトすらない時間が続き焦りが出てもおかしくない状態でしたが、今日の桧原っ子。はひと味違います!
 
そう!このパターン以外にすべき事がないのです!!元から心中作戦なのであります!
 
お陰で邪念もなく、もくもくとこのシャッドパターンを遂行し、気付けば12時を超えたところで再びバイト!
 
またしてもブラックブラックなうえウェイトは400g強でしたが、桧原っ子。にとって最重要なリミットメイクとなる1本!
 
最低限の目標と決めいていたリミットを達成する貴重な1本を捕獲することができテンションが上がり「桧原っ子。は桧原湖以外でも釣れるんだい!」と独り言を言いながらキャストした次の1投で捕獲したキッカー!
 
実はシャッドがあまり得意ではなかった桧原っ子。でしたが、今年は初戦から本当にこのロッド・STRADA KS-S63L-ML STに助けられ、むしろシャッドが得意だと思えるほどになったのが今回に物凄く生きました!!
※画像はJB桧原湖初戦のプリプラ。
 
 
狙っていたグレーブラックだったのでテンションがより一層上がった桧原っ子。。
 
リミットを達成させてくれた400gのブラックはものの3分ほどでお帰りになりましたが、桧原っ子。に自信とキッカーをもたらしてくれました!
 
そしてこれから!と言う時ですが帰着時間となり終了。
 
※トレーラーウェインでテンションあがる桧原っ子。。左手の人差し指は、1番ではなく1キロあってくれと言う意味です☆
 
 
結果3本・2153g・4/18位となり初見の場所としては納得ですが、優勝カップが目の前で渡されるのを見ると悔しさしかありませんでした。
 
 
昨シーズンから比較すると一歩前進ですが、やはり勝つためのあと一歩が足りない感じです。
 
次こそはあのカップで生ビールを飲みたいと思わせてくれた一戦でした!
 
 
 
 
タックル
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS-S63L-ML ST
リール・2004
ライン・SUNLINE FCスナイパー 6lb
 
ルアー・フローシャッド 1

スポンサーサイト
11/19|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
未経験の北浦にも関わらず、プリプラの予定が組めずにプラは前日プラのみとなった東日本決勝大会。
 
前プラだけで全域を見て回るなど到底無理なわけで、前プラまでの間は等深線のある湖沼図を眺めながら妄想に更けました。
 
この様な状態で試合に臨まなければならないので、インビジブル系やランガンなどのポイント勝負は不可能。
 
桧原っ子。が対抗できる唯一の策は、エリアを決め、目で見えるものを釣り方などで攻めることくらい。
 
そして前プラ。
 
朝イチは潮来マリーナ下流側にある石積からスタート!
 
5投ほどでこの水系名物の"にゃんこちゃん"がじゃれてきました!
 
 
EXCURSION・KE-C67MH+Shooter・FCスナイパーインビジブル14lb+夜な夜な自作したゼロダン+モエビパウダー特濃!
 
他のにゃんこと戯れたせいか帰宅後、桧原っ子。宅にお留守番のにゃんこ"イッチ"(本名・いち子)が超不機嫌w
 
 
さて置きこの石積、距離にすると全長2キロくらい?とピンを知らない桧原っ子。にとって打つだけでは余りにも非効率過ぎるので、巻物で流しながら様子を伺っていきました。。
 
色々な巻物系ルアーを一通り使い1番使いやすくお魚の反応が得られたのがシャッド。
 
特にブロックチャンピオンシップ八郎潟用にと準備していたフローシャッドがハマってくれました!
 
 
複数匹捕獲したところでふと気付いたのが、ブラックブラックとグレーブラックの二種類のお魚がいること。
 
↑ブラックブラック
 
↑グレーブラック
 
画像では判りづらいですが、黒い方は浅い側で居れば直ぐに獲れる居着き系に対し、灰色の方は一段下でタイミングやテクニックを駆使しなければならない回遊系。
 
黒いお魚はウェイトが500g前後で灰色のお魚は一回り以上大きい800g前後以上あったので、いかにしてグレーブラックを捕獲できるか考えましたが、流石にグレーブラックでのリミットメイクは厳しいと感じ、メインはブラックブラックで試合の流れや展開次第でグレーブラックを狙うことにしました!
 
 
そして残念なことに夜な夜な自作したゼロダンは、ストレージの最奥で眠りに就くこととなりましたw

11/17|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
それでは当日。
 
参加人数が少なかったこともあり、後半のフライトでも目的の位置に入ることができました。
 
が、東北出身&在住にもかかわらず、寒さに脆弱な桧原っ子。のボデーは通信制限の掛かったスマートフォン並に反応が鈍り、ことごとく
バイトを逃してしまいました。
 
「こりゃまずい」と一旦釣りを止め、凍える桧原っ子。にとってエリクサー並みの回復アイテム"前日に購入したポット"をストレージから取り出し温かいコーヒーを二飲み。
 
二飲み程度だとポーション位しか効き目はありませんでしたが、直後に前日と全く同じ位置で700g超えとオンザラインを連続で捕獲!
 
「ふふん!どんなもんだい!」と小惑星にでもぶつかってしまいそうなほど調子に乗ったのが悪かったのか、はたまた見通しが甘かったのか、その後はお魚に会いたくて会いたくて寒さに震えるも無の時間が続きました。
 
リミットも揃わぬまま試合も後半に差し掛かり移動を決断。
 
前日反応のあったエリアで"とにかく丁寧に"パターンを敢行し、昨日と全く同じピンで待望の3本目を捕獲!
 
この時にようやく桧原っ子。が狙っていたお魚は回遊系ではなく、ストラクチャー依存型寄りだと気づきましたがここでタイムアップ。
 
 
結果は3本・1985g・4/29位と、なかなかリズムに乗れず上手くいかない中でどうにか形にできたと思います。
 
 
勿論上手くいくのが1番良いですが、良くない時にどれだけ凌げるかが重要だと常々考えているのでまぁヨシとしましょう!
 
 
 
 
タックル
ロッド・KILLER HEAT EXCURSION KE-S67SUL ST
リール・2506H
ライン・SUNLINE Shooter FCスナイパー 3.5lb
ルアー・キャロ
 
ロッド・KILLER HEAT EXCURSION KE-S67UL ST
リール・2506H
ライン・SUNLINE Shooter FCスナイパー 3.5lb
ルアー・キャロ

11/06|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
と言うわけで、急遽桧原湖での開催となった東北ブロックチャンピオンシップのプリプラから前プラ。
 
 
プリプラは秋田県男鹿水族館GAOの館内を1周半本気でサイト!(゜ロ゜)
 
 
一切電気を発する気がない電気ウナギや、スーパーディープからいらしたかの如く浮いているピラルク、赤子の範馬勇次郎に握り潰された系統のヤドクガエルなどをガン見。
 
※薮田VSピラルク顔黒対決!
 
哺乳類も豊富で、決まった位置でヘッドバンキングする白クマや、「も~カワイイって言われるの解ってるから!」と言わんばかりに窓際に陣取るアザラシ、イワトビペンギンに囲まれ掃除をする飼育員の女子に手を振るも華麗にスルーされる桧原っ子。と、様々な生き物をサイト!
 
 
真面目な方のプリプラ(前プラ)は、強風&豪雨のため正午頃終了。
 
感触は「明日はなにをすればよろしいのかしら?」と、この日触れたお魚は桧原っ子。の角質を食べに来たドクターフィッシュだけと言う悲惨な状態でした。。
 
しかし、そんな桧原っ子。に一筋の光が射し込んだ"延期及び会場変更"
 
決定時に「延期になるなら前日多少調子が悪くても薮田たちと飲みに行けばよかった!!」と真っ先に考えてしまったことは内緒ですw
 
 
そして二度目の前プラ。
 
 
 
桧原っ子。的お魚に触れられるだろうエリアで直ぐに捕獲!ウェイトは700g超えのナイスボデーの子(^^)
 
 
その後、越冬場所として有名な場所へ行くもイマイチな感触しか得られなかったので、前記のエリアを加味し移動したところ好感触なうえキロ超えの捕獲にも成功!!
 
 
 
一週間前とは真逆な前プラでしたw

11/04|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム