と言うわけで、昨日新宿に出没した理由はコチラ↓
 
僭越ながらカメラを向けてお話をさせて頂きました?
 
初回は明日、8月1日(土)22:00~つりステーション内で放送予定です!
 
緊張し過ぎて良く解らないことを言っているかもしれませんが、笑いのネタに観てみて下さいw
 
当然桧原っ子。は、いつもの様に山籠り中で観れませんがw

スポンサーサイト
07/31|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

今回は非常に残念な結果でしたが、こういう時があるからこそトーナメントは楽しいと再確認させられました。
※もちろん悔しいですがね。

それでは2年振りに桧原湖戦で5点を獲った桧原っ子。のプラから。



プラは当然先週のパターンの確認から入りました。

想定はしていましたが、ウィードの釣りはかなり弱くなっていました。

が、多少お魚と戯れることができたのでキーパー場として、最近追えていない深いところをチェック。

所々でお魚に触れることができましたが簡単にはいかず、プチ迷走状態。。。

それでも拾っていけば600g台で揃うだろうと考え、あとはおっきいのを探しましたが、良い感触を得ることなく終了となりました。

正直この時は、悪くても1800g前後は獲れるだろうと。

悪くても10番台くらいにはなるだろうと、物凄く安易に考えていました。
07/29|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

桧原っ子。もカッコイイ画像を撮るべく、ボートにスマホホルダーを取り付けましたが、逆光ですw

大仏くんの様に上手な自撮りができるようプラクティスです!!!!
07/25|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑


こちらはダウンショット。

ラインはサンラインFCスナイパーの3lb。

あまり障害物のないエリアでしたが、獲れればサイズが良いのが解っていましたし、主導権を与えたくなかったので桧原っ子。的少し太めの3lbをチョイス。

主導権を与えないといえばKILLER HEAT STRADA KS―S63UL―ML STの活躍が必至!!

秒殺で取り込むことができました!

ただそれでけではありません。

この釣りは、赤金くんが喰わえても非常にバイトが出づらくフックアップをミスすることが多い釣りでした。

以前はより柔らかいロッドを使い、気付いた頃にはのってるという方向性でロッドをセレクトしていましたが、今回のプリプラで捕獲した1300gのお陰でKS―S63UL―ML STの有効性に気付きセッティングを替えました。

好感度のソリッドティップでバイトが出づらい追い食いでも違和感を感じとれるうえに弾かず、それまでより数段早く気付くことができたのが試合終盤のギリギリの場面で活きました!!

数年前はこういう場面でミスして、入賞を逃してばかりだったからね~。
07/24|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今回メインにしていたウィードエリアでのノーシンカーの釣り。
 
前プラで魚が大きかったこともありますが、目視では見えない短めのウィードも周囲にあり、魚を掛けるとかなりの確率でウィードが絡んできました。
 
そこでラインはサンラインFCスナイパーの4lbをチョイス。
 
桧原っ子。にとっては少し太めのセッティングでしたが、キロオーバーのブラックも考慮し、確実に捕獲する前提の選択をしました。
 
 
ルアーは、数年前まで気が狂ったようにキャストし続けたイモちゃん。
※これはイモじゃないよw
 
 
次にロッド。
 
いつもはディープメインの展開が多いためゆっくりランディングする桧原っ子。ですが、今回は掛けたら強引に取り込みたいシチュエーションでロッドにパワーが欲しい。
 
ですがただパワーがあるだけでは、スモールのあの繊細なバイトとノーシンカーを操る操作性が失われてしまう。
 
と、普段ならロッド選びに悩んでしまいそうでしたが、今回は即座に決定しました!
 
 
今春から使用し続けているKILLER HEAT STRADA KS―S63L―ML ST
 
状況を考えたら、これ1択!!
 
MLのバッドパワーにライトなティップで操作性・感度抜群!!
 
多少のミスは仕方ないと思っていた久し振りのシャローメインの展開をノーミスでクリアできた最大の要因です!!

07/23|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
それでは当日。
 
じゃんけんの強い泉さんが初戦と同様に勝って下さり、第一フライト一番グループで目的地の糠裏へ。
 
 
ですが、入りたかったエリアはタッチの差で入れず、仕方なく第2候補のウィードパッチに入りました。
 
数投で1本目の捕獲に成功しましたが、ウェイトは400gほどのめんこい子。。。。
 
前日より明らかに水質が悪く不安でしたが、この1本目でより一層心配になりました。
 
1本目以降バイトもなくなり、途方に暮れつつメインエリアを目視すると、ちょど先行者が移動するタイミング。
 
すかさず入り意気揚々とキャストを繰り返しましたが反応はありません。
 
凹みつつも「これはこれでいつもの桧原湖!」と自分自身に言い聞かせながらより丁寧に攻めると、長い沈黙(30分くらい)を破るバイト!!
※3時間くらい釣れてない気分でしたw
 
捕獲したのはギリ600gの赤金くん。
 
落ち着きを取り戻し、また丁寧に打ち続けると3本目の捕獲に成功!
 
この子が桧原っ子。のベースと考えていた600g後半だったので「まずはこの子ラインでベースを」と安易に考えたのが悪いのか、その後は沈黙が続きました。
 
リミットも揃っていることなのでミドル~ディープのパターンを試みましたが、フットボールで600gと500gを捕獲したのみ。
 
ここまでで約1900gほど。
 
最低ラインは2000gに設定していたので、あと1本は入れ替えをしたいところ。
 
再びシャローに戻るもよろしくありません。
 
そして色々と模索しながら12時過ぎに入った3度目の堂場山で、ようやく求めていた答えが帰ってきました!
 
キロフィッシュ!!
 
この時12時30分。
 
表彰台を狙うならもう1本と再び攻めるも帰着時間を迎えてしまいました。
 
 
結果3本・2324g・2/116位と、入賞は固いかなと思っていただけに思っていた以上の高順位に喜びと共に3番目にプロ戦で捕りたくない順位となりました。
 
 
もちろん1番嫌なのは何もない11位w
 
次に嫌なのは表彰台に立てない6位ですけどねww
 
 
1番気にしている年間成績もジャンプアップしましたし、今年も前半戦を良い位置で通過することができました!
 
ただ今回は本当にタックルに助けられた部分が多く、この記事に書ききれないので後ほど更新したいと思います。
 
 
 
タックル
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS―S63L―ML ST
リール・2004
ライン・SUNLINE FCスナイパー4lb
ルアー・イモ
 
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS―S63UL―ML ST
リール・2506
ライン・SUNLINE FCスナイパー3lb
ルアー・ダウンショット

07/22|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ご存じの通りプリプラはTOP50戦と被ってたので、2週間前に1日半と前プラのみ。
 
2週間前のプリプラの感じは、ここ最近の中では異様に700gが遠く感じる展開で、600g×3=1800gが今回のベースかなと感じるくらいでした。
 
そんな中、唯一可能性を感じたのが今回キッカーを捕獲することになるダウンショットの釣り。
 
一昨年からこのパターンは見つけていたのですが、どのタイミングでスイッチが入るのかイマイチ解らず、試合中に捕獲まで至りませんでした。
 
で、プリプラでこの釣りを試すと・・・・
 
横になってますが、1300gのナイスボデーの子。
 
正面からだと異常に小さく見えますが、同じ赤金くんです。
 
使用したルアーはキラーヒート・クイックローラーだったので、あのスーパーソフトマテリアルの独特感はエコ戦用の代替がありません。
 
散々どうすべきか迷いましたが、仕方がないのでその場その時そのフィーリングでエコルアーの中から決めよう程度にストレート系を数種類準備w
 
あとは前プラ次第で色々プランを考えようと、今回は2週間空くためいつも以上にアバウトなプリプラでした。
 
 
ですが翌週のTOP50は、ブラックが多く捕獲されたこともありますが、赤金くんも700~800gラインが予想以上にウェインされ予想設定ウェイトを修正し前プラへ。
 
 
前プラは浅いところから深いところまで色んなルアーで色んなアプローチをしたところ、やはり600g台ばかり。
 
唯一糠裏のウィードパッチが700~800gと高反応が得られたうえ、減衰によりカバーから出てきたブラック達がウィード付近をウロウロしていたのであわよくば作戦で!
 
細かいところは当日次第という、いつもと同じ前プラでしたw

07/20|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

美白のトーナメンターを目指している桧原っ子。にとって、紫外線は天敵です!

画像はサンラインから発売中の"クールネック"!

名前にクールとあるように、通気性抜群でサングラスも曇りにくく、これからの時期最適です!!!

これでまた美白に一歩近付きましたw
07/16|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

今週末に向け、とある魔法の粉をまぶし部屋に戻ると、ストーカーの如く後ろをついてくる気配が・・・
07/14|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昨日TOP50桧原湖戦が終了しました。
 
優勝は、昔から仲の良い同じSUNLINEプロスタッフの"まこっちゃん"こと五十嵐誠選手!
 
 
おめでとう!!!
 
※年間2勝目&暫定首位。このまま突っ走ってもらいたいです!
 
ちなみに桧原っ子。は、優勝者のトレーラーウェインの運転手というあまり経験できないことをさせて頂きましたw
 
 
準優勝の秋葉くんも日を追うごとにウェイトを上げ、今年から採用されたウェイト制の良さを存分に感じさせてくれました!
 
 
 
そしてサンラインブース・キラーヒートブースに遊びに来てくれた皆さんありがとうございました!
 
 
ストラーダ・エフェクト・エクスカージョン・モエビパウダーはもちろん、今年リリースしたスーパーソフトマテリアルを採用している「クイックローラー」「カイロポッド」を実際に触り操作してもらえて良かったです!
 
わかったでしょ!思わず桧原っ子。がパッケージを触った瞬間に"にやっ"としてしまったわけをwww
 
 
ってなわけで、無事終了したTOP50でした!
 
ご来場しお声を掛けて下さった皆さん、ありがとうございました!

07/13|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

最強戦力着弾!
07/09|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 
※画像は、今回冠スポンサーのボンバーさん&桧原っ子。の先輩・りょうまくん!
 
 
で、当日。
 
頭の中がまとまらず"他の選手の動き次第プラン"・・・って時に限ってよくある第一フライトw
 
色々と考えた末、前夜少ないながらに降った雨による変化を期待しインレットへと向かいましたが、どうも一番乗りできそうになく手前のブッシュでブラック狙いに変更しました。。
 
 
が、釣れん。
 
前日より気圧も光量も下がり、カバー系のブラック達は旅に出たようです。
 
続いて風の強く当たる小規模な岬を攻めようと試みましたが、ちょうど風が巻く場所だった様で釣りになりません。
 
仕方なく、前日何本か赤金くんを目視できた場所へ移動し、去年のメインパターンを敢行!!
 
その名も「とにかく丁寧に!」パターンw
 
このパターンは、居るという前提でとにかく丁寧に攻めるという"だけ"のパターン。
 
1投に時間を掛けるため、失敗した場合、永遠とお魚の居ない場所で釣りをするというリスクの大きいパターンですが、桧原っ子。の中で良く解らない釣れ方をしている時に多用します。
 
 
特に曽原湖ではwww
 
 
言い方を変えれば解ってないだけですが、ギルバイトとミスバイトに悩まされながらどうにか1本目の捕獲に成功。
 
この1本で落ち着いた桧原っ子。は、周囲を見渡し予想以上に人の少ない立ち木エリアの岬に移動し、"とにかく丁寧"に攻めると2本目を捕獲。
 
リグを替え"丁寧"に攻めると3本目の捕獲に成功しリミット達成しましたが、目測ではキロを超えればラッキー程度のウェイト。。。
 
まぁ前日の時点でリミットも危うい可能性があったので、最低限の目標は達成することができ嬉しいですが、ここからは当然、上位を狙えるお魚の捕獲を試みます。
 
 
が、釣れん。
 
結局、またもや決定打に欠く内容で、終了となってしまいました。
 
それでも年間を争う上で重要な曽原湖戦を、3本・1090g・10/59位と、無難にクリアできたのは収穫です!!
 
それにしても、毎年曽原湖戦はドキドキ過ぎです!
 
 
 
タックル
ロッド・BOMBER FACTORY BFSー61XULーST
リール・2506H
ライン・SUNLINE FCスナイパー2lb
ルアー・ダウンショット
 
ロッド・KILLER HEAT STRADA KS―S63UL―ML ST
リール・2506H
ライン・SUNLINE FCスナイパー3.5lb
ルアー・リアクション気味ライトキャロ
 
 

07/01|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム