20090731144252
水汚すぎ!

サイト見えなさすぎ(゜Д゜)

ダムぢゃ無さ過ぎ!

でもまぁど~にかなるっしょ!
スポンサーサイト
07/31|モブログコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
20090731061233
寝ずプラです。
07/31|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20090730211436
行ってきます!
07/30|モブログコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
まずは前夜祭。

私用により桧原湖到着が前日午後5時となった桧原っ子は、前プラができずボートセッティングのみをする為前日入り。

するとなにか周りが急かしい・・・。。。

まさか・・・・

そのまさかである。

昨年同時期に行われた桧原戦でもやったヤツ喰いである。。。
20090727212228
↑即バイトごっちん。

そう!現地調達のザリガニである。

今年はボイルと味噌汁の2パターン。
※少し泥臭かったぞ!来年はもっと泥抜きしような!!

そして試合当日。

何名かは腹痛により快眠できなかったらしいが、桧原っ子の体調はバッチシ!

今回のプランは、『浅いトコでキッカーラージ』・・・・っていつものことか。。。

ただ一抹の不安は、浅いトコは基本が小さい。

ちょっと落とせばそれなりにサイズはアップするが、ラー君がやり切れない。。

前プラができなかった分、より多くラー君を探す為、一発屋になる事を決意・・・っていつものことか。。。

スタート後、直ぐ2本捕獲するもオンザライン君。

次の場所で2本獲り入れ替えるも、ダンゴの下の下のウェイト。

そして昨年のメインエリアへ・・・・

ボンバーさんも狙っていた推定1300g(あくまで桧原っ子の目測です。)

2回桧原っ子のルアーにキスバイトして消え去り、凹みながら通称“ペロチャンフラット”へ・・・

・・・・・・釣れん!・・・・・・・

再び昨年のメインエリアへ向うも、再びキスバイトで終了・・。。。。

全く話になりません。

そしていつもの反省会。

今回はボンバーさんにお借りした“SOLID”をフル活用し、前回曽原でやったスモールサイトの練習。

いとも簡単に捕獲。。意外とスモールもサイト出来る事を知った。
20090727212229
↑これで桧原っ子のプロ戦ウェイトを軽~く超えました。

5~6本掛けましたが、やっぱりキャストしやすいしノーミス楽々捕獲と、桧原っ子と相性良いかも☆★

ボンバーさん!今週末の三瀬谷戦でも使わせた頂きます!!


07/27|トーナメントコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
20090725201833
食いました。
07/25|モブログコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
いつも同様前プラなし。

てか、このシリーズはプラをしない事に決めた桧原っ子は、例の如く朝一はサイトで流し中盤以降はウィード絡みの回遊君を捕獲するプランを立てた。

そしてスタート。会場前から始め、禁止エリアギリギリまで流すとイージーに5本捕獲。

順調に入れ替えもし、幸先良いスタート。

しかし、ここで空が晴れ一気にブラック達が気難しくなる。

ここぞとばかりに、ウィード系に移行。

直ぐ1本捕獲するも入れ替えできず終了。
20090722211032

久々の寸止めを喰らった。。。

非常に残念である。

今年は年間も無いから、こんな半端な結果は嫌!!





07/23|トーナメントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
降魔の儀。
蝕
ベヘリッド発動。

世界の理が終わる時。

全ては因果律の流れの中に・・・・










※ベルセルク
07/22|私 的コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20090720150432
と、言うことです。
07/20|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20090718175241
来週はJB桧原湖。

本日はプリプラ。

桧原っ子には異常なし!

しかし!この人は異常有り!!

果たして来週は??

桧原っ子的には去年の二の舞に・・・
07/18|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
・・・釣れん!曽原湖。。。

昨年は1度も来れなかったけど、こんなに水質の悪い曽原湖はお初。。。

で、まずは前プラから・・・。

前プラは、前週曽原湖に来ていたペロチャンさんに20分くらい同船してもらい、ペロチャンさんが発見した「ペロチャンブッシュ」を目視しに行ったのだが。。。。

「居ない。。。」

まぁ天気も天気だし、先週よりかなり水質変わってるみたいだし、動くのは当然!

ただ、ブラックの事だから、そこまで異次元の世界には行かないだろうと周囲を目視。

すると、いるっちゃいる!獲れるかどうかは微妙だけど。。。

その後、ミノーで1周するもめんこいののみ。

2週目は、目視メインで流すと『ネスト』発見!

桧原っ子目測だと、400~500g。だけど、最近の桧原っ子はちっちゃく見積もる癖が出てるので、「あわよくば600~700gくらい?」と少し期待!!

結局このネスト位しか確実なものが無く、朝一はこのネスト。その後はペロチャンブッシュとフィーディングエリアを徹底的に周ろうと位しか思いつかなかった。。。

だってキーパー0匹だからねぇ。。。

そして当日。エレキ2機掛けの“三瀬谷仕様”の桧原っ子は、1番乗りで例のネストへ。

10分後、捕獲。掛けた時は「500gは固いかな!」と思っていたのだが、ボートに近づくにつれどんどん×②細くなり、桧原っ子のバネばかり改め“バカばかり”は450gを指した・・・。。。

悲しい誤算。。

直ぐにペロチャンブッシュへ一直線!だが、姿は見えない。。

組合長さんと一緒に狙うも300gのミスバイトのみ。

仕方なくフィーディング系に変更。。

・・・釣れん。

時折訪れるキーパーギリのブラックをサイトするもシカトにあい、キーパーあるのか?と思う様な赤金くんにも無視される始末。

かなり凹みながらドシャローを流して行くと、そこにはぽけぇ~と浮いている赤金君。

相当近づいてしまった為、諦めモードで目視すると、意外とよさげな雰囲気!!

直ぐに捕獲!初めて近距離サイトで赤金君を捕獲した自分にビックリ!!!!

まぁラッキーなだけなんですがね。。。

しかしラッキーもここまで。その後はず~っと見切られてばかりで終了。
20090713183117
↑きっちりリミット達成のペロチャンさん!
凄いなぁ~!まぁ携帯でピンボケする桧原っ子も凄いけど!

20090713183115
↑右手と左手同ウェイト。どんだけスリムなんだいブラック!!

20090713183116
↑この一本に掛けた土さん!今シーズン3勝目おめでとうございます!!山チャプ・JB戦とお手柔らかにお願いします!

だけど、最後あと10分位は粘れたなぁ。。悪足掻KINGが泣いちゃうよ。。

それと最後・・・・めがさぶさん。。。。色んな意味でどんまいです!!
07/13|トーナメントコメント(8)トラックバック(0)TOP↑
本日は福チャプ第3戦。。。

それについては後日アップするとして、チャプター後の打ち合わせは辛い。。。

原本(仮)を読んで、改善点があっても上手く言えないし、画のイメージが全然頭に沸かない。

試合後にやるもんじゃないね!
07/12|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20090710224359
ごっちん!いくらペダル踏んでも、エレキ上げてちゃ進まんぞ!
07/10|モブログコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
またまた9深湖へ。。。

今回は、いつもお世話になっているUさんとの釣行!
※225は速過ぎです!!

状況は超中途半端。。。

どれも破壊力に欠け、イマイチパッとしない結果に・・・(涙)

どうにか多少ながらまともな赤金君が捕獲できて、ちょっぴり安心!
20090705112627

・・・え゛?桧原っ子はって・・??そりゃ、今回は案内係ですから!!

・・・・・・・まぁ桧原湖ならナイスキーパーくらいだよ!!

07/06|釣りコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プルート。(浦沢直樹×手塚治虫)

8巻本日発売です。
プルート8
・・・・・え゛!まぢっすか!?
※内容はシークレッツ!

桧原っ子は、この漫画のお陰で『手塚治虫さん』の漫画に興味を持ちました。
◎作者の浦沢直樹が生まれて初めて漫画で感動した作品が、手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソードのひとつである「地上最大のロボット」であった。熱烈な手塚ファンである浦沢はこのリメイクを切望。2002年冬、手塚治虫の息子である手塚眞にその許諾を求める。手塚は一度はこれを断るものの、その後の浦沢の熱心なラブコールに心を動かされ、2003年3月28日に「地上最大のロボット」のリメイクを了承。同年9月よりビッグコミックオリジナルにて連載がスタートした。
リメイクを了承した席で手塚は浦沢に、単なるオマージュ作品ではなく浦沢作品として本作を描くことを要望した。このため、アトムをはじめとするキャラクターデザインやストーリー設定の一部には浦沢流のアレンジが加えられている。手塚治虫の原作ではアトムが主人公ではあるが、浦沢直樹版では原作で脇役として登場したドイツの刑事ロボット「ゲジヒト」の視点から物語が描かれている
★ ◎~Wiki抜粋。

桧原っ子年代は、鉄腕アトムは知ってるが内容はイマイチ解らない人が多いはず!

ちなにみ桧原っ子が以前まで知っていたのは「10万馬力」「足のジェットエンジン」「作品のエンディング」くらい。

しかし、読んでみて感じた事は“少年漫画”のイメージが強いが、基本的に手塚さんの作品は、少年漫画より青年漫画・大人コミックに近い感覚がある。

意外と奥が深いんで一度ご覧あれ・・・。
07/05|愛 好コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム