↓お盆にも同じネタを提供してくれたタクちゃん。
20081231181834

昨日は鼻、大丈夫だったのかな?

ちなみに今回は、年末特別ネタを提供してくれました。
20081231181832
↑レンゲの魔術師タクちゃん。

その後、ベタな行動パターンでカラオケ。
20081231181836
↑本日柔道の試合だと言っていたアベちゃん。

頑張れ!国家公務員。

そして、完全ブレイクのミスター。
20081231181835
↑マキシマムザホルモン大熱唱のミスター。

凄すぎミスター!

兎に角、楽しかったからヨシとしよう。

スポンサーサイト
12/31|私 的コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20081230213635
みんなブレイク中。

詳細は素面になってから!
12/30|モブログコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
自宅から約15分ほどにある『フィッシングエリア・ほのぼの』さんへ。

久しぶりのお魚釣り!

20081230022236


まぁ寒いのは嫌ですが、お魚は釣りたい!!

20081230022234


昨年末に来た頃は、自由にポイントを決められたんですが、この日(29日)は人多すぎ!!

水戸ナンバーが多かったですね!てか、むしろ桧原っ子以外水戸ナンバー的な。。。

しかし流石愛好家のみなさん。

未熟者の桧原っ子を相手にもしません。

普通に釣っても人並みの釣果しか見込めないので、試したのはサイト。

20081230022235
↑ウェインバック。

それがまぁ釣れる釣れる!!

しかしまぁ、いくら食用に捕獲しているからと言ってウェインバックでデッドされると何故か心拍数が上昇しますね。。。

変な気分です。。。

でもこの日は、今まで苦手としていたトラウトサイトでいっぱい釣れたので、サイトキングに一歩近づいたかな?

いゃまだまだだなぁ・・・。。
12/30|釣りコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
20081227192432
さぁ飲むかぁ!
12/27|モブログコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
20081226185633
ぢゃ飲もっ!
12/26|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20081217201235
来年は・・・て事です。
12/17|モブログコメント(7)トラックバック(0)TOP↑
20081215221052
光ってます。
12/15|モブログコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
20081213202530
今日は忘年会 。

まぁみんな壊れてます・ 。
12/13|モブログコメント(7)トラックバック(0)TOP↑
だいぶ間が開きましたが、次は「山形チャプター」

結果的には年間優勝できましたが、正直「こんなんで獲って申し訳ない」って感じ。

あの点数見れば、誰でも「良く獲れたなぁ。。」って思うし。。。

宮チャプに続き、山チャプも前プラは一切なし。

山チャプは全戦“リザーバー”。桧原っ子は、桧原っ子以前にダムっ子なのである。

まぁプラ無しの方が桧原っ子には好都合。

で、臨んだ初戦蛭沢ダム。

ネスト戦になることは確実。マジここだけはプラしたかったぁ。。

スタート直後に向ったのは、ベタなエリア。

そこで1本キッカーブラックを捕獲するも、その周辺のネストに翻弄され終了。

08山1

このブラックはホントみんなに「もったいねぇ~」って言われたなぁ。

でも、初戦に弱い桧原っ子にとっては、初戦7位は良くやった方だな!

二戦目は大得意のアフター。

リザーバー+アフター=WINNER。

桧原っ子の勝利の方程式である。(この方程式で勝った事無いけど・・・)

自信は有ったが、妄想通りの展開となり優勝を意識したのが10時過ぎ。

これが悪かったのか、それとも調子に乗って当日朝、本ちゃんに優勝宣言したのが仇となったのか12時頃にライブェルと確認すると“ほぼ完全死魚”が1本。

ありゃ焦ったね!超大慌て!

何とか息を吹き返したのが12時30分。

当然、速攻ウェイン。

08山2

この1時間の間にウェイトを上げたのが、この試合のウィーナーのツナマヨことヒカル。

これは悔しかった。でも3位と1g差には痺れたなぁ!

さて残念な三戦目。

アフター絡み~のアーリーサマー。当然アフターから入る桧原っ子。

前回の事もあって、気負った桧原っ子。

ある物凄いパターンを試みようとしたが、そこはもう陸でした。

それでも悪いながら納得の行くウェイトまで上げた所で、またもや“ほぼ完全死魚”。

しかも、時計は12時を指す頃で、今度は立ち直る気配無し。。

そして焦った桧原っ子は、リールを巻くスピードが速いわ×2。

結局、超~悔やまれるリミット未達成。

10回くらい入れ替えしたのにリミットを達成させられ無かったって・・・


↑水減りすぎ!ライブェルに気遣わな過ぎ!

気持ちも会場も切り替わって前川ダムでの四戦目。

前川ダムは一昨年からお立ち台を逃した事無い!

前戦で大コケした為、年間は半ば諦めかけていたのだが、ナントこの時点で年間暫定首位!

自信もあったせいか、正直余裕をかました!

しか~し、そう甘いわけが無い。・・・・釣れなさ過ぎる自称ダムっ子。

焦れば焦るほど後手後手に行きリミットすら揃わず、超ヘコみ。。

年間も本ちゃんに抜かれ暫定2位。宮チャプの悪夢が甦る。

んで最終戦の予定であった五戦目。

急遽、試合の1週間前位に六戦目が開催される事となり「ここで首位に立った人は可愛そうだなぁ」と思ってたのだが・・・

今戦のプランは「兎に角、見て釣れ!まずはリミット!」と、超~弱気。。。

見えれば釣りを繰り返してはみたものの、大したウェイトにはならず憔悴気味。。

08山5
↑諦め気味?壊れかけの桧原っ子。

3回もコケりゃぁ年間はまず無理だぁぁぁ。。。と、思っていたのだが、何故×4?のTOP3入り!

可愛そうだと思っていた、五戦目終了時点での暫定首位が桧原っ子の手に・・・↓。。。

そこから最終戦までは、自称“幻の年間チャンプ桧原っ子。”まぁ話のネタにしてました!

そして最終戦。

プレッシャー掛かるかな?と思ったが意外と普通。

格好良く締め括りたかったが、最終戦は特別ドラマも無く、普通に釣って普通にウェイン。

ラッキーにも4位。

ただ、年間暫定2位のビッチとの差が微妙で、この時点で3ポイント差だと勘違いしていた桧原っ子は、2位でビッチが呼ばれ勘違いガッツポーズをかました。。。

その後直ぐ、同ポイントと聞かされ超→緊張。。。

何とか42g差で逃げ切り成功!幻のチャンプ脱出。。。

human

まぁラッキーです。強運(凶運)の持ち主ですから。。
※髑髏の騎士風。

反省は、デッドマニアになる時があること。。。

一応労わってるつもりなんですが・・・

昔、ライフガードとライフガード間違えてブラックをデッドさせたことあるし。。。
※カテゴリ事件にて詳細記載。


12/07|私 的コメント(7)トラックバック(0)TOP↑
今日のタックトレイル楽しみにしてたのに、中止の電話きました。

コレだから海は怖いんです。

でっかいロック釣りたかったなぁ。テキサスしかできないけど。
12/07|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
続いては『宮城チャプター』

初戦は、フィッシャーズインさんのHPで情報収集。

ギンジャケが大量放流され、「釣れない」らしいとの事。

桧原っ子「まぁどうにか釣れるっしょ!」などと甘い考えで挑むと・・・

  撃沈

だってリアルに釣れないんだもんA池。

0802ginn
↑ギンジャケ。

ウェイン人数5人で、釣れない桧原っ子でも「お立ち埋まって良かった。」と思った程。

二戦目はネスト絡みの時期になって“サイトオンリー”。

最初はめんこいのを虐めて(ネストではありません。)リミット揃え、そしてキッカー探し。

直ぐキロ位のネストを発見して数分で捕獲に成功。

宮チャプ2戦目
↑ネストブラック。

このネスト周囲に人が居たんですが、ウィードのアウトサイドの根元にネストがあったらしくネスト自体は見えず、ブラックもその周囲を回遊している感じだったんで気付かなかったみたいです。

三戦目は妄想プラから確実に“ウィードヘビーテキサス”って感じで、わざわざFeco1ozバレッドを高額支払って購入したにも関わらず、そんなベタなパターンみんなも分かって大半の選手がリグってた様な。。

桧原っ子的には、初っ端はバンク沿いのブラックをサイトで捕獲しつつ、ウィードの中を回遊するブラックを見といて後半要所を重点攻めするハズだったんですがねぇ~。

「ごっちん!桧原っ子の予定を崩壊させるな!!」

一足先にごっちんがテキサスでハメちゃったもんで、み~んなテキサスorヘビダン。

遅れること数十分後に取り掛かった桧原っ子には、もう付け入る隙は全くノー感じ。

しかもごっちんが駄目押しの1400gオーバー

ありゃ完全にヘコんだね!

ただ、よく考えると大半の人がテキサスorヘビダンなら付け入る隙ありと考え、いつものを投入。

入れ替えを繰り返して気付けば準優勝。ラッキーだったね!

(注)以前、宮チャプ第3戦の記事で“多くの選手がテキサスを使用してくれたお陰で、桧原っ子の攻められる穴を発見することが出来た。”と言う文章で、オヤジさんが誤った解釈をしていたみたいなので、この場で訂正させていただきます。

誤→テキサス等でできたウィードの穴。
正→選手の大半がテキサス等に依存した為にできた、パターンの穴。

で、四戦目は楽しみにしていた八郎潟

気付けば年間も2位に付けていて、暫定首位の本ちゃんに前プラからプレッシャー掛けるのが凄く楽しかった。プラは楽しかったなぁ。。(涙)

前プラではクランクオンリーで6キロ後半獲れるし、別パターンを色々試してどれもキロなら余裕で獲れるし。

でも当日は、キーパーも獲れない。辛うじて2本。しかも1本は会場目の前、終了5分前くらい?

あくまでもプラはプラ。

相当落ち込んだょ・・・な!ごっちん!!!

dao

でも悪いなりに年間2位は死守したし、本ちゃんには事故られるし、楽しかったから良しとしよう!(大工さん風)
12/04|私 的コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
釣りと程遠い生活を送っている現在の桧原っ子。

釣りネタが全くありません。

ですので今年のトーナメントの反省でもしておきます。

まず始めは、もう忘れたい「イースタン桧原湖」

初戦はネストメインで組み立てましたが、そのネストのある位置が大問題。

一番デカイブラックは会場からかなり遠い入船。

もう一つのナイスブラックは高圧線付近。

桧原っ子の10馬力じゃ先攻できるわけもなく・・・
※入船の方は意外とバレないんじゃないかと思ったのだが。。。

天気の具合もあり、深めに見付けておいたヤツも訳分からなくなり自爆。

結局、帰着間際の悪足掻きでめんこいの1本終了。

二戦目はラージオンリー戦。

こりゃリアルに獲れる自信あったんですが、未熟者の本領発揮で食してくれたのに・・・(泣)

めんこいラー君2本終了。

三戦目は・・・えぇ・・確か・・・シャッド心中だったかな。

まぁ心中しましたが何か?

ここからシャッドの練習始めて最終戦でメインパターンにしたところ、ようやく“意味”が理解でき終了間際の1本に繋がったんだっけかな。

ちなみに、桧原っ子がシャッドでダラダラと魚探を見ている姿を目撃したら「見失ってる。迷走してる。」と捉えて良いでしょう。

総合的な反省点は、毎年のことなんですが、プラである程度見つけてもトーナメント中に“思いつき”を我慢できないこと。

そして自滅街道を爆走する癖。

桧原っ子の悪癖です。

今回画像が無いのは、まともなブラックをウェインできなかった為です。

ご了承下さい。
12/03|私 的コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム