このお話は、桧原っ子が実際に見た事件ではございません。

※※※※※※※※※※※※※※

それは、ある日の桧原湖。

本ちゃんは、一人で湖上に浮かんでいた。

やや沖目にポジションをとり、シャローを見ると1艇アルミボートが走行していた。

本ちゃん「あんなドシャロー危ないなぁ?」

よく見ると、おっさんが一人で操船している。

真新しいそのボートは、依然として岸沿いのドジャローを走行していた。

速度はデッドスローに近いが、ボートの真新しさが不慣れさをも漂わせていた。

時折、そのおっさんは水中に視線を落とす。

本ちゃん「何があるんだ?ネストかな?」

気になった本ちゃんは、そのボートに釘付けとなった。

すると直後、このおっさんに事件が舞い降りた。

ブッシュの前を横切ろうとしてもなお、水中に視線をやるおっさん。

そのブッシュは、枝が一箇所飛び出していた。

前方を見ずに走行していた為、帽子をさらわれたおっさん。

帽子は、水面へ落下した。

本ちゃん「うふっ。やっぱり。」

その帽子に気を取られ、顔で追いかけるおっさん。

次の瞬間、そのブッシュの影に隠れていた別の太い木が、おっさんの後頭部直撃をした。

“ゴツッン”

まさに、ランニングエルボーの様だ。

本ちゃんはじっと笑いに耐えいたが、限界が近い。

思いもよらぬタイミングで後頭部への打撃を受けたおっさんは、体制を崩した。

水中への落下を恐れ踏み止まるおっさんであったが、腕力だけで抵抗したことが仇となり、エンジンをフルスロットルにしてしまった。

暴走するボート。

そのまま舵を取られた暴走ボートはブッシュの中へ。

“ガサガサガラガラ!!!”

本ちゃんの堪えていた笑いは限界を超えようとしていた。

すると、追い討ちを掛けるようにブッシュの中から「うぅ・・・いってぇ・・・。。」と喘ぐ声。

本ちゃんは即座にエンジンを掛け移動し大爆笑をした・・・らしい。



※この事件は、本ちゃんの話を忠実に文章化したものです。

  桧原っ子は一切この事件に関係はございません。
スポンサーサイト
09/26|事 件コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
ごく最近の試合で相方本ちゃんと、いつもの様にランチングした。

本ちゃんは桧原っ子と本ちゃんの車を、桧原っ子は本ちゃんと桧原っ子のボートをランチング。

桟橋にボートを着け、本ちゃんを待っていると、非常にテンションを下げた本ちゃんが、桧原っ子の前に姿を現した。

桧原っ子はそれまで「うふ、うふ、うふふ」と、笑う本ちゃんか「あ~眠い。」「腹減った。」という本ちゃんしか遭遇したことしか無く「本ちゃんは桧原っ子の何にイラついているのだろう?」と、心当たりのある事を模索した。
(まぁいっつも先輩の本ちゃんにはタメ語だし、基本的にお互いにいじり合うのが習慣なので、全てに心当たりがあったが。。。)

本ちゃん「桧原っ子・・・ごめん。。。やっちまった。」

桧原っ子「なぁにやっちまったんだょ(笑)」

本ちゃん「車・・やっちまった。。」

桧原っ子「車ってなんだょ!!(笑)」

本ちゃん「桧原っ子の車に、自分の車ぶつけちまった。。。」

桧原っ子は、怒りや苛立ち以前に『笑いのネタになる』が先行した。

本ちゃんは、非常にテンションを下げ、桧原っ子に謝罪し続けた。

uftf
↑本ちゃんがやった傷跡。

桧原っ子は、相方でもある本ちゃんに対し、特別な感情は無かった。しかし、本ちゃんは以前謝罪の言葉を口にし、自暴自棄になっていた。

sdrkl
↑自暴自棄になった本ちゃん。

この直後、スピナーベイトで1本捕獲するも、無言でリリース。

「本ちゃんドンマイ!!」


09/25|私 的コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
ご覧の通り。

;lsぢ

所謂、撃沈ってヤツです。

前プラ、キーパー0本。本戦でもウェインバックを使うことはありませんでした。

しかも、試合中に同エリアとなった本ちゃんから色々とシャッド情報を得たにも関わらず、ノーバイト。

一方の本ちゃんは、桧原っ子の目の前で入れ替え。

そして、この日から本ちゃんは、桧原っ子の中で"シャッドの師匠”となりました。

「流石シャッドキング!略して"シャッキング”」(色んな意味で。)

試合後、例の如く反省会。

シャッドの師・本ちゃん。リミット達成。しかも入れ替えもしてました。

一方の桧原っ子。何とかキーパーギリ捕獲。

その上、本ちゃんは↓
nasu

茄子まで釣る技術脱帽です。

でも、桧原っ子、ホントDEEP下手過ぎ!!!




09/22|トーナメントコメント(8)トラックバック(0)TOP↑
まずは結果から。。。

・・・超無念。。リミット達成ならず。。。

dao

え~今回の八郎潟、実に4ヶ月ぶりの訪問となりました。

プラは、出来るだけ釣りをして状況を把握する為、東部メインの本湖側は第2ポンプまで。

選んだポイントでは、キロサイズを確実に捕獲し、「5キロは固いな。」と、妄想。

そして、今回のメインスポットへ到着し、3投連チャンで1300gUPを捕獲。

結局この日は、5本で6キロ後半を捕獲した。キロUPなら数え切れないほど!
(元プラキングの桧原っ子として不安を感じたが。。。)

減水の影響を存分に感じながらの釣りだったが、桧原っ子のメインエリアはドシャローアオコだらけで他のボートが殆ど無いエリアだった。

だが、このアオコ、見た感じノーなのだが、あくまで水面のみ。

水面下は思いの外良い感じで、クランクで入れ食った。

そして帰り際。
八へら
↑「今日はクランクDAYだ!」と、クランクのドラッキングで仕留めた奴!

いゃ~楽しい楽しい八郎潟。。

年間争いも暫定1位の本ちゃんを追う暫定2位の桧原っ子。

楽しみも倍増です。

そしてチャプター当日。

急いでメインエリアに向うと、「何か違う。」。。そう!アオコが完全に混ざっちゃってノー感じ。。

全体的に水質が悪く感じ、どこに行っても×。

10時頃には「とにかくブラックを!」を口ずさみ、前プラでサイズは劣り「ここはやらん!」と決めていた第1ポンプ~第2ポンプの間のブレイクに行くことに。

ブレイク下側に沿い船団になっていたが、桧原っ子はシャローマン。ブレイクの上側に1艇ポツンと浮き必死で遠投。

まぁ水深50cm浅でボート突っ込むのも桧原っ子ぐらいか。リップラップにゴツゴツエレキ当てまくったし。

そこで1300g1本のみ。

で移動。着いた先は川の河口。でもノンキーのみ。

時計を見ると帰着まで10分を切っていた。

会場までは5分で着くが、実質釣りのできる時間は2~3分くらい。

1分程その場で粘ったが、一向に何も無く、ボートを会場へ走らせた。

会場へ着き、エレキを降ろし桟橋に着けようとしたが、ここで得意の悪あがき。

崩れロックにいつものを投入。すると。。。

「大事故1400g」を捕獲。超大慌てでランディングし速攻帰着。

まぁ2本じゃどうにもならんけど。

年間も一応2位をキープしたらしいが、本ちゃんに年間を持って行かれる形となり非常に残念。

で、終了後大事故を起こした崩れロックへ。

スロープ
↑あっけなく捕獲したキロブラック。

あ゛!そういやぁ本ちゃん前プラの朝ヘコんでたなぁ。

その詳細は近々。
09/17|トーナメントコメント(6)トラックバック(0)TOP↑
20080915023048
あぁ~前プラは楽しかったなぁ。
09/15|モブログコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
今回のチャプターで、次のイースタン桧原湖のプリプラ終了となってしまった為、特段申し上げることは出来ません。

しかし、今戦の結果を見て桧原っ子のブラックはベース中のベースブラック。

確実に上位に絡むパターンではありません。

前プラこそ、キッカー桧原っ子復活を期して励みたいと思います。

ちなみに今回、桧原っ子に新たな武器が増えました。

それは、スモラバ。

桧原っ子にとっては時代の最先端ルアーです。

桧原っ子は、今回のチャプター以前までにスモラバで捕獲したブラックは1匹のみ。

ですが、前プラで同行したマコっちゃんが余りにもスモラバでブラックを釣り、その姿を見た桧原っ子は自分も釣れた気になってしまったのです。

そしてチャプターでは軽~く2ケタのキーパーブラックを、唯一タックルボックスに隅にあった未開封のエグジグを駆使し捕獲。

スモラバってブラック釣れるんですね!
09/08|トーナメントコメント(5)トラックバック(0)TOP↑
20080906204031
本日は、明日のチャプター前プラと、今月末のTOP50に出場する友人・五十嵐誠君(以下マコっちゃん )のガイド。
以前よりは釣れると言っても350g越えは厳しい様子。
何とか良さげなブラックを2本掛けて頂けました。
(画像はその内の1本。)
中々厳しい状況ですか、桧原っ子ガイドサービス(仮)は、キーパーもイッパイ釣れたし、キッカーも複数匹穫れたし一応期待には応えられたかな?
いゃ!マコっちゃんの腕が良いからか!
09/06|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
そうそう。

この前の山チャプ。

桧原っ子よりも悲惨な目に遭遇した本ちゃん。

非常にアホなミスしてました。

入れ替え出来るブラックを何故か宙吊り状態でライブウェルへ向かい、その途中でラインが切れる事故。

そしてそのままブラックは水中へと消えていきました。

何故その様な行動を!?

本ちゃん、雨で濡れて気が狂ったのかな?

そして、その横で爆笑するごっちん。

笑うよね!そりゃ!

桧原っ子も離れたとこで笑ってたし。

一体あの時、本ちゃんはどうしっちゃったんだろう?
09/03|未分類コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
当日は小雨となったのだが、桧原っ子と相方本ちゃんは「晴れるからレインウェアはいらない」と言い切り、スタートを切った。
結果、9時頃には小雨から本降りへと変わり、体の濡れてない所がなくなり、追い討ちを掛けるように風が出始め寒さで全身が震えだした。←バカです。

一方釣果の方は、朝一2投目にシーバスボディーの真っ白なブラックを1本捕獲したが後が続かず、得意の迷走。
ただ、今回はこの迷走からキーを感じることが出来なかった。
移動中はずっとサイトでブラック探しをしていたのだが、あまりにも無反応なブラック達の為、ふとやり方を変えた。
すると、簡単に1本追加。
そしてここから怒涛のミスラッシュ。
かなり良いブラックをフッキングでミスり、その数分後には口切れ。そしてブレイク。
このミスたちは、先の2本を捕獲し頭では予想できていたのに不安に駆られた結果です。
いつもミスする不安を忘れるのに、今回はバイトがあれば悪いイメージが先行してしまう始末。
で、リミットも揃わず終了。
780h
前川ダムは外さないという自信が崩壊したチャプターとなってしまった。
年間ももう厳しいだろうなぁ。。

09/02|トーナメントコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
残念な山形チャプター第4戦。

この1週間、桧原っ子の中で変なリズムができてしまい、やることなすこと裏目に出る始末。

前日の土曜日も、自宅を出発し数十分の走行後、不安に駆られ確認をすると『偏光がない。』

自宅に戻る為、近道をすると通行止めで戻る破目になり、何とか釣具店へ到着し、お目当ての商品を購入しようとするとそれだけが『ない。』

ここ最近ずっとこんな感じ。

そんなこんなでグダグダ桧原っ子は、いつもの妄想プラをすることなく会場に到着。

昨年の同時期に今回の会場「前川ダム」で優勝をさせて頂いたんですが、確実にここ数日続く雨は影響を及ぼすとは誰しもが予想できた。

ただ、その雨がどこにどの位影響するかは、今年初前川の桧原っ子にとって未知数。

その上、今回は大潮。

桧原っ子に計算できたのは大潮の行動程度。

でもまだ何とかなりそう気がしてはいたんですが、スタート直前に今回一の判断ミスを下した桧原っ子と本ちゃん。

それは・・・次回。

09/01|トーナメントコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム