やっぱりな。
今回は昨年と異なり、スポーニングが各エリアごとバラバラ。
北ではアフター中央ではポスト・南ではネストという状況。
桧原っ子はアフター好きなのだが、北エリアでは例のラー君以外キッカーを発見することは出来ず、前日プラでは南を中心に、比較的読みやすいネストのスモールを中心にプラをした。
ただ、桧原っ子のマイボートでは、機動力に欠け皆と同じネストを狙うのは非常に危険。
だけどでっかいスモールのネストがあるのは、南だけ。
そこを踏まえ、あまり選手の居なかった入船の700gのネスト(実は800gあったらしい。)の捕獲を試みようと考えた。
しかし、気になるバスボートが一台。
スタート後、入船に行ってい見るが、不安が的中し一番乗りできず。
しかももう捕獲済み。。。
気を取り直し、中央にあったもう一つのネスト(600gくらい?)を捕獲に向う。
・・・やっぱり。。
先行者が居た。
しかもマーカーを打たれる始末。
南まで往復30分を朝一1投もせずに北へ帰ることになってしまった。
北では、前プラでキーパー場としていた3~5mのスタンプも24cmの嵐に会い、やればやる程嵌る一方。。。
ベイト絡みのキーパーパターンもあったのだが、失敗。。。
結局帰着直前に、めいこいブラックの襲撃の中、たまたまキーパーが混じり1本のみウェイン。
今回初めておっきいボートの有利性を感じさせられた。。
それにしても桧原っ子は、未だに試合の組み立てが下手だなぁと実感した。
魚を見つける以前にプランの組み立てのプラをしないと!!
スポンサーサイト
06/30|トーナメントコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
やっぱりな。。

今日のJB戦。

残念な結果です。

詳細は明日。
06/29|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
パターンが読めない。
釣れるけど釣れない。
明日はどうなるかなぁ?
06/28|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
切羽詰まってポパイ行ったのに・・・
一時間間違えて、超余裕。
んでもって待ち合わせしてないのに、本ちゃんと出逢った!
どこに行っても相方と行動を共にしてます。
06/27|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ちょいとグリスまみれですが、マイカーグラさん(グランドハイエース)のヒッチです。
ひっち

よく釣り場で会う方々に「どこのヒッチ?」と質問されるので、この度ご紹介します。
確かBRINK社のヒッチです。
ヨーロッパの会社らしいんですが、桧原っ子が購入した決め手は"見た目”です。
ただ、危険なほどエアロにタイトなヒッチで、見た目的にはいいんですが、連結する時には一苦労。。
桧原っ子のグラさんは、エアロが付いています。
その為、ヒッチを装着する際に、画像の通り若干エアロカットをしました。


続いてソケット。
購入した輸入元の会社によると、ヨーロッパとアメリカのソケットは違うらしいのです。
そけっと

なので、ソケットを付ける為のプレートが無駄になってしまいました。(画像左側。)
たまーにソケットが若干地面と喧嘩をすることがあります。
このソケット、上部を柔らかいプレートで固定してるだけなので、その喧嘩により少し傾く場合があります。
苦労が絶えませんが、まぁ一つのご愛嬌ですね!


06/26|タックルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
もぅ妄想で何回今週末のJB戦したことか。。
まぁ毎回優勝ですがね。
でも毎度ウェイトがバラバラ。
それ程読みきれてないってことかなぁ。
確かに今の桧原っ子の持ち駒は、嵌ればハイウェイトだが、若干確実性に欠けている。
土曜日次第だな。

06/25|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昨日の山チャプ・・・やっちゃった・・・。
一昨年、物凄いパターンを同時期に発見していたので、「キッカー(1kg)は獲れる!」と考えた。
あわよくば複数匹。
悪くても単発で500~700gは獲る自身があったので、今回はお立ちは固いなと妄想していた。
手堅く攻めれば300gでベースは揃えられる自身があり、外す気がしない。
今年の山チャプ(蛭沢ダム)お立ちボーダーは1kg強と、やや高め。
桧原っ子「まぁベースブラックでキロ近く行くでしょ!」なんて軽く考えていました。
でもって、いつも通り前プラ無しで参加。
当日、スロープを目指し湖岸沿いの道を走る。。

「・・・・・!!!」

桧原っ子は、我が目を疑った。
それは、今まで見たことの無い蛭沢ダムの姿。
桧原っ子「減水し過ぎ!」
桧原っ子が妄想していたキッカーパターン。
ポイントはもう陸上です。
しかも風が強い。
それでもめげず、ベースを揃え若干の入れ替えを数回行い、桧原っ子のバネ量りは3本で950g前後を指した。
そして帰着時間まで1時間を切り、入れ替えに微妙なサイズを捕獲。
・・・10g足りない。
すぐさまリリースし、そのついでに何気なしに見たライブェル。
桧原っ子「えぇ~!!!」
それは朝一に獲り数時間ライブェルで生活しているブラック。
横たわっています。フックを飲まれたのが原因です。
帰着時に取り外そうと考えていましたが、それどころではありません。
すぐにフックを外すも、より衰弱し始めました。
このままでは完全デッドの危険性が高く、考えに考えた末出した結論は「生きてるうちに釈放」です。
ゆっくりと泳ぐブラックを見つめながら、先ほどの10g足りなかったブラックが非常に惜しくてなりません。
回復を試みた事もあり、残り時間は30分弱。
その後は、迫り来る帰着時間に負け、リールを巻く左手が言う事を聞きません。
もぅ早くなるわ早くなるわ!
結果は入賞すらできず、年間争いを無駄に面白くする破目になりました。
今週のプロ戦では、自滅せぬよう細心の注意を払いたい。。

06/23|トーナメントコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
20080622214452
山チャプです。

水減りすぎ。

ミスしすぎ。
06/22|モブログコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
20080621120047
今桧原。
どーなんでしょ?
06/21|モブログコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
何故今、急に筋肉痛?

大丈夫かなぁ?

でゎ次回更新まで。。。
06/19|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
JB 日本バスプロ協会 所属
桧原っ子。ガイドサービス 船長
深谷哲也ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム