今日ゎ小休止です。
でゎ次回更新まで。。。
スポンサーサイト
02/29|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
桧原っ子流サイトの基本は、にゃんこです。
にゃんこをどうじゃれさすか。これに尽きます。
一見簡単そうに見えますが、年を重ねれば重ねるほどかなり難しい。
にゃんこ達もブラック達と一緒で、各個体それぞれの個性(性格)があります。
どんな物にどの様に反応するか!
ブラック達と一緒です。
桧原っ子宅のにゃんこ達の性格は一応理解しているつもりです。
ですので簡単にじゃれさす事ができるのですが、ブラック達はなんせほぼ一期一会。
まずは相手を理解することから始めなければなりません。。
じっくりと観察する。
これが第一条件!!
次に・・・
でゎ次回更新まで。。。
02/28|釣りコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
トーナメントを始めてから今までサイトを多用してきました。
従ってサイトは結構得意な方です。
桧原っ子のサイトは基本的に釣る技術は二の次です。
大概は見つけられないように!もしくは気づかれないように!です。
ちょっと最近釣りをしていないのでブログネタがありません。
ですのでこの結構得意なサイトの事を小出しにしながら更新して行こうと思います。
でゎ次回更新まで。。。
02/27|釣りコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
流浪人。
この言葉を見ればピンとくる人は多いと思います。
そう!るろうに剣心。
先日友人♀が熱弁をしており、桧原っ子も多少は知っていたんですが。。
志々雄真実編以降のストーリーが全くわからなかったので、この際と思い全巻購入してしまいました。
桧原っ子個人として好きなキャラは“般若”です。
何故かって?そりゃ秘密ですよ。
ちなみに好きな飛天御剣流の技は土龍閃です。
ありゃ痛い!!
でゎ次回更新まで。。。
02/26|愛 好コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
リールのメンテをし忘れていました。
シーズンインする前に一度完全分解しないと。。。
昨シーズン少し調子が悪かった時に一度メンテしたっきり。。
それ以来すっかり忘れていました。
桧原っ子のリール諸君は、今シーズンで5年目。
その間新たな仲間も増えましたが、大方のリール君はカタ落ちもいいとこです。
でも今ではすっかり手にも馴染んでしまい、手放せません。
リール諸君同様ロッド達も大変な長寿ばかり。
もう製造を中止した子達も多いので、大事に扱って行きたいです。
桧原っ子はブラック釣りを始めてから今までロッドを殆ど折ったことがありません。
唯一折れてしまったのは昨年のお盆。
引き波にあおられてふらついてしまった時にボートデッキに置いてあったハリアー君をボキッと。。。
今でも桧原っ子の右足裏にはその時の感触が残っています。
てか今のロッドはそう簡単には折れないですね。
余程のスラックが無い限り、釣りをして折れるということは無いです。
では第一陣のメンテを開始しようと思います。
でゎ次回更新まで。。。
02/25|タックルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
漫画ラックが限界に達した為、新たにラックを新設しました。
その為、家具の配位置を大幅に変更しなければなりませんでした。
部屋の掃除をしつつ家具を移動していると、未開封ルアーが色々な所から現れてきました。
多分、チャプターでの戦利品だと思います。
当時は使う気が無かったルアーでも、今見ると何故か魅力的なオーラが出ています。
ルアーを見る目が少し出てきたのでしょうかね?
それはさておき、掃除を始めると次から次へと行ってしまいます。
なかなか終わらない。。。
まだ掃除が終了しきれていません。
これから寝床の確保をしなければらないので、ここらへんで。。
でゎ次回更新まで。。。
02/24|私 的コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
変な体勢で漫画を読んだのか、今日一日、右肩か外れそうになったり。
オフシーズンのうちに完治させておかないと、トーナメントへ影響を及ぼす恐れもあります。。
これからリハビリの日々になりそうです。
でゎ次回更新まで。。。
02/23|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
これから未読漫画の読書の時間です。
ブログを疎かにしてしまいますがご了承下さい。
でゎ次回更新まで。。。
02/22|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
「でゎミーティングを始めますので、選手は集まってください。」
大会スタッフが放送した。
「・・・どこいんだ?」
桧原っ子は会場に集まった選手を片っ端から見渡した。
だが、いない。
やっぱり変だ!
もう一度後輩J君と数名を引き連れ、一緒に車へ探しに行った。
確かにパッと見は綺麗に片付けられた車しかない。
もうミーティングは始まる寸前。。
他に探す所も思いつかないので、再び車の中を丹念に覗き込んだ。
・・・いた!!!
釣具の中に埋もれながら、頭の先まできっちりと寝袋に仕舞い込んでいる。
捕食を目論むブラックの様に、周囲に馴染むビッチがそこにはいたのだ。
車のドアや窓を叩きなんとか起こしたのだが。。。
「それではミーティングを始めます。」
ミーティングが始まったしまった。
この時のビッチの姿は、今も桧原っ子の脳裏に鮮明に焼きついている。
ビッチはあせって一生懸命にタックルをセッティングしているのだが、顔は寝ぼけ眼。
この時はちょっと笑ってしまったんですが、桧原っ子はビッチに大物の片鱗を感じました。
だって初のプロ戦寝坊って聞いた事が無い!
それからというものビッチは大きな木の下でチーム桧原っ子として屯っています。
今のところ寝坊はそれだ・・・・いゃ他にもあったなぁ!
チャプターでサイトパターンを見つけてたくせに、寝坊して偏光を忘れたことも。
※でもこのチャプターでビッチは裸眼サイトで優勝してましたが・・・
これじゃぁ常習犯ですね。
今後はこの様な事が無いように注意して行こうと思います。
でゎ次回更新まで。。。
02/21|事 件コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ぅけるぉ話です。
このお話は桧原っ子のことではないので、人様を笑うような事はしていけないんですが、笑えるお話です。
この事件の主人公は桧原っ子の後輩(以下ビッチ※仮名)です。
ビッチは根っからの釣り好き人で、年がら年中釣りばかり。(今もロックに熱中してるハズ)
シーズン中は桧原っ子にイイ感じの刺激を与えてくれ、トーナメントでも良きライバルだと勝手に解釈させてもらっている。
桧原っ子とはタイプの違う釣りをするので、一緒に釣りをすると色んな事を考えさせられます。
そんなビッチだが、チャプターを数年経験後、一時期トーナメントを離れていた。
そして昨年、トーナメントに復帰を果たし、そのままプロ登録を行った。
と、このままだとビッチの紹介になってしまうので、ぅけるぉ話まで飛ばさせて頂きます。
※※※※※※
チーム桧原っ子(勝手に命名)の面々は、桧原湖でのトーナメントの際、早稲沢キャンプ場大きい木の下に屯する。(今回の屯とは車中泊を意味する)
今回もいつもの様に大きい木の下で屯し、シーズンプロ初戦を迎えた。
この時、慣れない桧原湖でのトーナメントとなったビッチは、この目印となる大きい木の下に屯せず床に就いた。トーナメント当日、いつもの様に相方とランチング&タックルチェックを行い受付へと向かった。
しばらくして大勢の選手が集まり、桧原っ子の気持ちも高ぶり始めたのだが、一つ気になることがあった。
それはビッチの姿が見えないことである。
もう一人の後輩J君に「ビッチはどこにいる?」と確認すると「他の人といるんじゃないですか!」とのこと。
だが、納得はできず(挨拶が無い!!!という理由で)車を見てくるように指示を出す。
※本気でそうは思ってないですょ!!
すると数分後「車には居なかったのでボートセッティングしてるんですよ」とJ君。
この言葉には異様に納得をしてしまった。
なぜなら桧原っ子のプロ初戦もアタフタしていたからだ。
そんなことを懐かしく感じつつミーティング開始を待っていた。
つづく・・・
でゎ次回更新まで。。。
02/20|事 件コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
急いで『銃夢LO11巻』を購入してまいりました。
一緒に『士道12巻』も購入です。
一つ分かったことは、今度本棚を購入しなければならないということ。
もう許容量の限界です。なのに読みたくなる漫画は増える一方。
釣具も増える一方です。
銃夢に関しては、金星・木星人はやっぱ強いんだ!と気づかされたことです。
あまり多くを語り・・いゃ打ちたくは無いので、気になる方はご購入をご検討ください。
桧原っ子の歴史の教科書『士道』も歴史的偉人が数々登場し、レボリューションを起こしている最中です。
桧原っ子もそろそろレボリューション的な釣法を編み出し、結果を残したいものです。
しかし、武士ってのは大変な職業ですね。
大変な職業ランキングで言えば、人間の次に大変な職業だと感じました。
少し銃夢10巻の方が気になりだしましたので、今回はこの辺で!!
でゎ次回更新まで。。。
02/19|愛 好コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
先日沢山の『地雷震』を購入してまいりました。
一度通して読みたいと思っていた作品なので、気になっています。
現在はまだ5巻までしか読んでないんですが、今後の展開が楽しみです。
あ゛!明日は待ちに待った『銃夢LO11巻』発売日です。
地雷震読みながら明日になるのを待とうと思います。
でゎ次回更新まで。。。
02/18|愛 好コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昨日、ヒトプー♂から着信があり、「ブラックが釣りたい!」とのこと。
本日正午からブラックを捕獲すべく、今シーズン初のブラック釣りに行ってきました。
結果は数キャストしたんですが、ほぼ前面凍結の為断念。。。
やっぱりこの時期はエリアだ!と思いました。
で、この空いた時間で"打ちっぱなし”に行くことになりました。
桧原っ子はスライス君なのですが、今日もスライス炸裂です。
気持ちがイイ位にスライスします。
正に研修生当初の沖田圭介ばりです。
まぁ空振りヒトプー♂よりはいいんですが。。
ちなみにヒトプー♂は今回が初打ちっぱなしでした。
でゎ次回更新まで。。。
02/17|私 的コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20080216234741
今夜のお友達。
真ん中のは、ぉかんのバレンタインプレゼントっ。
02/16|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
そう。あれは太陽。
桧原っ子の目に留まったポイントは、できたばかりのシェードだった。
少しは天気を気にはしていたが、かなり良いタイミングだった。
これでリミットを達成すると共に、一気に優勝も狙える位置に!
同船していたチャプター会長からは「これはイイ所狙えるんじゃないかな?」と言って頂けました。それでもまだ優勝を確信できるウエイトではなく、より一層集中力を増した桧原っ子は、もくもくと釣りを続けました。
すると後ろのほうから"コツ・コツ”っと言う音が。。
すかさず振り返ると、その音はライブウェルの方から。
桧原っ子の釣るスモール君は、よくライブウェルに喧嘩を売ります。
大概頭突きでライブウェルの壁との勝負です。
この時も「いつものかな?」と思ったんですが、ライブウェルの中のヤツはラー君。
それまでラー君が頭突きをしたのを経験したことが無かったので、気になって仕方ない。
まさか・・・!?不安がよぎる。
確認の為、ライブウェルを少し開けて様子を伺う。
すると、急に光が差し込んだことで驚いたブラックは"バチャバチャ”と。。
慌てて閉めた桧原っ子のドキドキは止みません。
心配をよそに3本のブラック達は元気いっぱいでした。
同船しているチャプター会長からは「ライブウェルを開ける時は十分注意するように!よくロケットされたって聞くから。」と指摘された。
ドキドキも少しずつ収まりだした桧原っ子は、徐々に集中力を取り戻し始めました。
頭の中は"入れ替え”の文字で埋め尽くされています。
徐々に帰着が近づく中"・・・・デゥン!”
待望のバイトです。
急なバイトにも体がうまく反応してくれました。
そして・・・ネットイン!
ウエイトを量ると・・・・入れ替え確定!!
約20gの入れ替えですが、微妙な位置の為、うれしい入れ替えです。
ルンルン気分でライブウェルを開けた時、それは起こってしまったのです。
僅か片腕が入る程度の隙間から、3本のブラックが綺麗な側面跳びを・・・。
急いで閉めた時には既に3本ともライブウェルの外に。。。
イルカショー並みに空中で連なる3匹。
そして・・・
1本目は勢いが足りなく船内へ。脱獄失敗。
2本目はガンネル(船縁)に直撃。脱獄失敗。
3本目は・・・素晴らしい放物線を描き船外に・・・。脱獄成功。
自分に何が起こったのか分からないのか、3本目はボートサイドにステイ。
例えるならランディング直前でバラしたブラックの様に呆然としています。
桧原っ子も呆然としています。
一足先に桧原っ子のフリーズしていた頭が解除されました。
血迷った桧原っ子は、ネットでそのブラックの回収を試みようとしましたが、案の定ブラックは桧原っ子の真剣な眼差しを横目に平然と泳いでいきました。
血眼になった理由は・・そう!放物線を描いたのがキッカーたっだ為である。
自動マイナス入れ替えの成功?です。
同船中のチャプター会長も苦笑い、というか不憫な子と捉えたことでしょう。
こんな空気を打破すべく「まだ時間はあります。今以上のキッカー釣ればいいだけです。」と桧原っ子。
しかし、重度の空元気。。。。
重苦しい雰囲気のままトーナメントの終了です。
結果は辛うじて賞品圏内でした。
上位のウエイトを見ると、あのブラックをキープし続けていても準優勝のウエイトでした。
寂しそうにボートの片づけをしていると、チャプター会長が声を掛けてくれました。
そしてあまりにも不憫に思ったのか、ルアーを大量に頂きました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
それ以来、ライブウェルには金網が張られるようになり、現在まで脱獄に成功したヤツは1本もいません。※但し金網に鰓が引っかかり、もがき苦しんでいたヤツはいましたが。。。
補足ですが、今現在までチャプターで何度かお立ち台を経験しましたが、未だに準優勝の盾だけが桧原っ子の手元に舞い降りてきません。
まぁ一番悔しい順位なので、今後も準優勝を獲るなら優勝を獲りたいですが!
でゎ次回更新まで。。。
02/15|事 件コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
そう!あれは数年前の6月。
梅雨の真っ只中に行われたチャプター戦での出来事。
リザーバー戦・アフター期。
桧原っ子はリザーバー出身でダムっ子でもある。
前回も打ったように桧原っ子はアフターが大好き。
当時も例外ではなく、慣れないフィールド(この時点で3回目)ではあったが、リザーバーならある程度予測ができ、多少自身があった。
当日、チャプターの会長さんが、フィールド状況などを確認したいと同船を申し込まれた。
桧原っ子は快く快諾した。
スタート後、プラを全くしてないこともあり、キーポイントを数箇所チョイスし、一番奥のエリアから会場へ戻るようにしてポイントを周るプランを立てた。
ファーストエリアでは、すぐに1本釣ることができたがめんこい。
セカンドエリアではノーバイト。
この二つのエリアで共通していた状況から、ある程度のフィールド状況を予想できた。
それは減水進行形。
これにより数箇所チョイスしていたポイントがより狭められた。
そして数箇所のエリアの中で、状況に一番合いそうなポイントへ一直線に向かった。
直ぐに2本をキープすることに成功した。
このままリミットを揃え、数を釣って少しずつウエイトを上げて行こうと思ったその時、そのポイントの一箇所が目に留まった。
ゆっくりと静かにボートを移動させる。
ある程度の距離をとってキャスト。
・・・ツッン!!!!
桧原っ子は掛けたブラックはあまりバラさない。
よくトーナメントで「キッカーバラした」だのと聞くが、のらない事があってもバラすことは少ない。※たまにはありますよ。アマ掛けした時なんか!
これは普段から人生の書『風の大地』で那須の小天狗小針プロが「ミスの原因を見つけたら、すぐにそのミスを忘れなさい。ミスを忘れるのもプロの技量のひとつです。そしてミスの原因だけを記憶するのです。」と言っておられた事を教訓にしているからです。
掛けてからネットに収まるまでの間は、全く不安はない。
彼らの得意パターン“ボート直前ギュイン”でもそれ程意識はしない。
で、この時もすんなりネットイン。
ブラックを量ると、予定外のキッカー。
高まる優勝への期待。
気づけは梅雨空から青空へと変わっていました。
つづく・・・
でゎ次回更新まで。。。
02/14|事 件コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
数日前のことです。
今年度のトーナメントブックが届きました。
早速桧原っ子手帳へ日程の記入です。
今年の桧原湖の日程は、結構桧原っ子好みの日程です。
特に初戦。大好きなアフターの時期です。
今から既に楽しです。
気になるのは最終戦。
10月なのですが、かなりの不安材料です。
Deepのあまり得意ではない桧原っ子としては、完全Deep戦とならない事を祈る他ありません。
まぁ毎年の事ですが、今年もDeep攻略を必須事項としながらも、シャローを基本とした試合運びをしようと考えています。
でゎ次回更新まで。。。
02/13|私 的コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
桧原っ子はよく夢を見ます。大概釣りをしている夢です。
夢では何度かプロ戦で優勝を経験しているのですが、現実は厳しいものです。
桧原っ子の人生の書『風の大地』でも“上達する者は、眠っている間でもゴルフをしている。夢の中で強くなっていく世界。”と言っていたので、桧原っ子もイイ傾向にあるのかなと想いたいです。
風の

主人公沖田圭介は桧原っ子の心の師です。
こんな大人になりたいです。
でゎ次回更新まで。。。
02/12|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
二日酔いかと思っていた昨日。
今日になり、風邪との判断を下しました。
確かに悪寒・頭痛・吐き気・喉の痛みと風邪の症状だった様に思います。
本日はちゃんと休息を取っているので明日は大丈夫かな?
いゃ~よくよく考えれば昨日は酷い状態でした。
今後は十分に気を付けたいと思いたいです。
でゎ次回更新まで。。。
02/11|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20080210171300
今日は宅飲み。
昨日の酒も未だ残っているような・・・。
でゎ次回更新まで。。。
02/10|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20080209191920
今日は飲み会ですっ。
ぉうちに帰ったら更新できなそうなので?・・・
でゎ次回更新まで。。。
02/09|モブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
スタンプ。(切り株の事)
桧原湖は1888年7月15日に磐梯山の噴火でせき止められて出来た堰止湖です。
従って水中には数々の名残があります。
有名な所で言えば“鳥居”!
桧原っ子も始めて見た時は恐怖を感じました。
水中約4mから水面近くまで聳え立つヤツは、間近で見ると物凄い違和感と威圧感で溢れ返っています。
スタンプは桧原湖全域に点在しています。
特に北エリア(桧原っ子BLOGでは早稲沢岬より北)で多く見られます。
有名なスタンプエリアは『糠塚島裏』。多くのトーナメントウィーナーを輩出しているポイントです。
桧原っ子の感覚では糠塚島裏は特殊なポイントです。
糠塚島裏は桧原湖の一エリアではなく、糠塚島裏という別の湖の様な感じなのです。
あの無数のスタンプ。桧原っ子のGPSには全部入力し切れていないのが現状です。
まぁ釣れるスタンプだけ入力していればいいけど。。
スタンプの釣りも意外と複雑で、未だに桧原っ子はやり切れていない感たっぷりです。好きなんですけど。。
今シーズンは今まで以上に糠塚島裏と小高森・月島裏を重点的にチェックしようと思います。
人気エリアって苦手で・・・
でゎ次回更新まで。。。
02/08|釣りコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
とうとう待ちに待った『銃夢LastOrder11巻』2月19日発売です。
lo11

ウルトラジャンプで連載中ですが、桧原っ子は毎回単行本が出るまで我慢の日々です。
その間に、何度も何度も読み直し楽しみを味わいます。
桧原っ子はよく発売された巻を読むと何故か一つ前の巻を読みたくなります。
そうしているうちに、結局初期銃夢の第1巻まで遡ってしまいます。
で、またそこから発売された巻まで・・・。
今までの経験からすると嵌るとトコトンタイプらしい。
映画に関しても同じで、何度も観てしまう。(笑えるぐらいに)
※(例)『ニュー・シネマ・パラダイス』3時間×18回(08.2.7現在)。
↑約2日と6時間。。。
なんちゃらの一つ覚えではないと想いたいです。
一体この癖どこからくるんでしょうね。
ちなみに銃夢で一番好きなキャラはソケット兵。LOではザポルスカ。
でゎ次回更新まで。。。



02/07|愛 好コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この度、桧原っ子のプロフィールをリンクさせることに成功致しました。
つきましては他愛も無い事柄ばかりですが、一度ご観覧して頂ければ幸いです。
多少へそ曲がりな回答がございますが、ご愛嬌とお受け止め下さい。
何卒宜しくお願い致します。
桧原っ子プロフィール。
でゎ次回更新まで。。。

02/06|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
桧原っ子のトーナメント人生は字の如くゼロからのスタートでした。
初めてのチャプター戦(うちの団体ではアマチュア戦を意味する)ではワンバイトも得ることが出来ず落胆したことを覚えています。
日本人は過去を良く解釈する人種だと思いますが、桧原っ子も例に漏れずこの初出場したチャプターでのノーフィッシュが現在までのやる気の源だと考えています。
やっぱ出る試合でゼロ申告は悔しいもので、全く見えない試合でもお魚さんを持って帰着したいのです。
桧原っ子の場合、この初戦ではプラをロクにしないままスタートしてしまいました。
最後にその湖へ行ったのが2週間前。時期は5月。
プリプラでプリ♀さんが釣れたイメージが強く、未熟な桧原っ子(現在もかなりの未熟者)は当然プリプラの釣りを押し通しました。
結果、その試合ではドアフターパターンが上位の戦略でした。
完膚なきまでの大外しです。
ですが桧原っ子は次の試合でプラに次ぐプラを行い、持ち前の強運といつもの勘違いが裏目に出ず、良い結果を得ることが出来たのです。
釣れないのではなく、釣るための準備がなってないんだと実感した初戦でした。
そう!そこが桧原っ子の勘違い釣り人生の始まりです!
それから現在まで思い込みが表・裏目と交錯し、ちょいと良かったり、かなり悪かったりの間を行ったり来たり。
今現在もトーナメントを続けていられるのは、当時の思い込みが今でも続いているからです。
でゎ次回更新まで。。。
02/05|私 的コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ゆき。
桧原っ子の地元は真っ白になりました。
こんな時は足跡を付けたくなります。
そんなで今日はかなり寒いかな?と思っていたんですが、意外と暖かかったですね。
さすが立春。桧原っ子は春を若干感じました。
ですが、桧原っ子の春は2m。
2m?と思われるかもしれないが、簡単に書くとスポーニングエリアに近い2mでプリ♀さんが釣れると春を感じるんです。
これはあくまでラー君の感覚です。
桧原湖の春はミノーetcで釣れるサクラマス。と言うイメージ。
ジグヘッド(以下GH)のグラスミノー(以下グラミ)やK-1ミノーの水面直下に“ドカン”と出ると「あぁ春だ。」と思うのです。
時たまスモール君もちょこんと出てくるのも楽しみの一つです。
基本的にグラミのカラーはピンク。桧原マスターor霞マスターの本山さんも言っていた様に、晴れはスケルトン系のピンク・曇りはマッド系ピンク。
昨年・一昨年と桧原っ子は使い分けを試みたんですが、やはり晴れはスケルトン系ピンク・曇りはマッド系ピンクの方がチェイス・バイトの数が多かったです。
しかし何故ピンク好き!確かに春っぽい色ですけどね。。
・・・春はまだまだ先の話ですが・・・
でゎ次回更新まで。。。
02/04|私 的コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
昨日観たレンタル君の題は「ツォツィ」。
ツォツィ

R15指定作品なのですが、このR指定で議論が飛び交いました。
悪ガキが悪態を行う中で一人の赤ちゃんと出会い改心していくお話です。
R指定については難しいところです。
確かにストーリー全体に関しては若年層にこそ観てほしい内容でした。
しかし、その悪態の数々・・・犯罪の助長を促してしまう恐れは否定できません。
さて、そろそろ次のレンタル君「善き人のためのソナタ」観るお時間です。
でゎ次回更新まで。。。
02/03|愛 好コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
フライ。
桧原っ子的にはテンカラのインパクトが強すぎてフライにあまり手を出せずにいました。
なぜテンカラかというと桧原っ子がランドセルを背負っていた頃、尋常じゃないくらい毎日行った釣りだからです。
ヤマメ・ウグイ・オイカワetc五目釣りをした記憶があります。
特にオイカワ♂は触るのに躊躇した事を覚えています。
あのブツブツとカラーにやられたんだと思います。
フライを始めてしたのはボートの免許を取れる歳くらい。
映画「リバー・ランズ・スルー・イット」のMr,ブラッド・ピット(以下ブラピ)にちょっと憧れた様な雰囲気になりやりました。
でもやっぱテンカラ派かな。
桧原っ子はあのキャストがなかなか旨く出来ないのと、キャスト中後ろをかなり気にしないといけないところがちょいと苦手なんです。
桧原っ子フライのキャスト範囲は約20m程度。
旨い人はラインがクルンと回ってピタッとフライが落ちてパチャンと食う。(擬音ばかりで・・)
自分が情けなくなります。
でも、「リバー・ランズ・スルー・イット」の裏面に“主人公はプロ並みに旨い”って書いてあったけど、フライのプロってどーゆーもんなのか分かりません。。。
プロっているんですかね?
そんな事を考えつつ、これから先ほど借りてきたレンタル君達の鑑賞です。
でゎ次回更新まで。。。
02/02|愛 好コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
そう!にゃんこ!
やはり彼らはプレデターの血を引き継いでいるんです。
よくちっちゃい頃は色々な動くものに反応します。
かなり単純で動くもの・音のするもの、この二つだけで反応を示します。
めんこいブラックと一緒ですね。ですが、年を重ねる毎に少しずつ反応が鈍くなります。
それは面倒だからではなく餌では無いと理解しているからです。
ということはリアルな餌にすればいいんですね。
ブラック釣りと同じでルアーでリアルを追求すれば!!
それは時期・時間帯・天候・主食etc膨大な状況から各釣り人がメインを選び釣る。
桧原っ子がブラック釣り好きなのは、メインパターンをハズしても釣れてしまう所にある。
ちゃんと言うと状況に合っていない釣り方・エリアでも時として釣れてしまいそれに翻弄してしまうことがあるから。
トーナメントなんかぢゃしょっちゅうですが・・
あ゛!にゃんこについてなんですが、何年も前にゲーリー総帥河辺裕和さんが「バスはネコ」って言ってました。
でも桧原っ子はこの事を知らずに、にゃんこはブラックだと発見出来たことが嬉しいです。
“ちゃんこはぶらっく”コレを知るにはにゃんこを飼うのが一番!
でゎ次回更新まで。。。
02/01|釣りコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム