JB桧原湖戦の記事の前にひとつ。
 
 
 
9月13日。
 
トーナメント後の反省会を終え、日が沈み薄暗くなりつつあった桧原湖。
 
「そろそろ帰ろう。」
 
皆と片付けを終え帰路につく。
 
馬の首を抜け小高森に差し掛かった頃、一人になり緊張の糸が途切れたからか空腹に気付いた。
 
「家までもちそうもない。コンビニで軽食をとろう。」と車をコンビニへと向けた。
 
何を食べようかと見渡すと、大好きなたこ焼きが目に留まった。
 
「よし!たこ焼きを食べよう。」
 
疲れきった私は、周囲の人を気にすることなく独り言を言いながらたこ焼きを購入した。
 
「あっつあつにして下さい。」
 
通常よりも加熱時間を長めにしてもらい車へと戻る。
 
確かに熱い。
 
ソースとマヨネーズをかけ、ひとつ頬張る。
 
「あっつあつ。おいしい。」
 
その時だった。
 
携帯が点滅していることに気付いた私は、2個目のたこ焼きを頬張りながら携帯を見た。
 
あっつあつで、やはりおいしい。
 
携帯には先程早稲沢キャンプ場で解散した白鳥くんからの不在着信が入っていた。
 
「なんだろう?」
 
そう言えば私の車の後ろに誰も付いてきていなかったと思い出す。
 
何かあったのだろうか。
 
直ぐに電話を掛けた。
 
すると「大変なことになっている」と白鳥くん。
 
急いで早稲沢キャンプ場へと車を走らせる。
 
しかし一度火が着いた私の胃は、たこ焼きを要求して止まない。
 
3個目を頬張ろうと試みる。
 
ただでさえカーブの多い桧原湖の岸沿いを走る県道。
 
たこ焼きを食べながらの運転が、これ程までに危ないものなのかと気付かされた。
 
着いた頃には早稲沢キャンプ場はもう真っ暗だった。
 
車を止め皆のいるその場所へ行くと、確かに大変なことになっていた。
 
 
横太郎脱輪www
 
※土下座は強要したわけではございません。
    先輩方への感謝の意を表した結果が土下座だった様です。
 
 
幸いにも白鳥くんが持っていたジャッキと私のボートに使用している脚立を駆使し、強引に引き上がるこができた。
 
白鳥くんの行動力と加藤くんの冷静さ、茂樹の頭脳と私のたこ焼きおいしい・・・ではなく脚立により、業者を呼ぶことなく済んで本当に良かった。
 
この記事を読んだ早稲沢キャンプ場を使用している方々も是非注意して頂きたい。
 
まぁ長年早稲沢キャンプ場を拠点としてますが、脱輪は初めて見たので横太郎の注意力不足です。
 
今シーズンから参戦の横太郎は、試合結果ではなく"脱輪"と言う形で桧原湖に足跡を残したのでした。

スポンサーサイト
09/16|事 件コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ブログを初めて約3年半という月日が流れてました。

その間、様々な事をネタとしてUPさせて来ましたが、最近若年性痴呆なのか何なのか「どんな記事載せたっけ!?」と悩む日々。

過去のトーナメントなんか、よっぽどインパクトのあった試合以外は全く覚えてないほどです。


んでブログでは、特にカテゴリー“事件”のネタは、周りの情報提供者から聞いたストーリーや自分の体験したモノを時間が経過してから改めて文章にしているんで、別カテゴリーでブログにアップしているのかいないのか、誰かに話しただけなのかすら解りません。

ので、同じネタまた載せてるなぁ。と思ったら、慈悲の心でお許しください。

んで事件ネタ。。。



昔こんな事があった。



桧原っ子。は、深夜遅く帰宅すべく車を走らせていた。

いつも通る人気の無い田舎道。

広く真新しいその道には、対向車も無くハイビームで自宅へ向っていた桧原っ子。

緩やかなカーブに差し掛かり、突如として現れた『ハダイロ』というカラー。

桧原っ子。は、思わず急ブレーキを掛けた。


焦った!


四つんばいになり、道路の真ん中にいるのだから。。。

しかも複数。。。

轢いてしまっただろうか。。。

心拍数が急上昇した。



少し間を置き、車にぶつかった衝撃が無かった事を冷静に思い出し確認。

ひとまず安堵の表情を浮かべた。

しかしこんな真夜中の道路に四つんばいで、しかも裸でいるなんできっと頭のおかしい連中か、薬関連やっている連中か・・・もしくは何かしらの事件・事故に見舞われた方なのか。。。


恐る恐る車のキーをロックし、辺りを見渡す。

すると・・・・


「ブゥイ゛~グゥウ゛ィ~」

という音。


初めは何なのか全く解らなかったが、それが“人”ではないことを理解することができた。

おぶたさん。
そう!ぶたちゃんです。

解るはずないですよね!お豚ちゃんが道端にいるなんて。

それも複数匹で!!!

すんごく大きいんですよ!あの子らは!

どこからか脱走したのか、彼らは自由という何事にも縛られること無い、澄み切った瞳をしておりました。

まぁ一時のフリーダムってトコですかね。




それから数年。

好きなお肉は?と聞かれると「お豚ちゃんです」と答える桧原っ子。の一部に、彼?彼女?達はなっているかもしれません。
※ちなみに本ちゃんは、ぉ牛さんだそうです。
06/30|事 件コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
事件ネタにして良いのかなぁ。。


皆さんの中には、既に経験済みの方がいらっしゃるとは思いますが、先日、桧原っ子。は「知らない方が車に乗る」ってのを始めて経験しました。

↑意味がわかんないかな!?


でゎ・・・その時の状況を。。。


誰にだって間違いはありますよね!

それも思いもよらぬ時に!

そんな時って、思わず時間が止まったの如く『フリーズ』しちゃいますよね。


先日桧原っ子。は、とある場所に用事があり愛車「グラさん」で行ったんです。

用事を済ませ、グラさんのエンジンを始動。

駐車場を出るため進行方向に目を向けると、一人のご老人の姿が目に入りました。

隣には軽トラで待っている方がいたので、「隣の方かな?」と乗車するまで待っていました。

するとグラさん後部座席のドアを開ける音。。。

桧原っ子。は、思わず振り返りました。

そのご老人は桧原っ子。のグラさんに乗車しようとしていました。

桧原っ子。「あのぉ・・・」

ご老人「あっ。こっちじゃなかった。」

間違えたようでした。

「まぁ間違える事なんてしょっちゅう有るよね!」と、桧原っ子。
※心の中で!

安全を確認すべくご老人の方を見ると・・・・なんと桧原っ子。の真横に。。。

そうです。グラさんの助手席に乗車していたんです。

桧原っ子。「あ”。。」

この言葉と共に見つめる二人。




見つめること約5秒(桧原っ子。の体感で!)

所謂フリーズってやつです。

その後、二人とも意味がわからず微笑合いました。。。。とさ!!


桧原っ子。にとっては初体験でしたが、十年近く前、後輩が「この前、知らない車に乗ってしまいました。」と言っていたので、多分たまぁ~にあることかなぁと。。

でも、後部座席と助手席のダブルは結構レアかなぁ?


笑顔が素敵で非常に愛嬌のある方だったので、去り際、満面の笑みを浮かべ手を振った桧原っ子でした。



05/11|事 件コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
久々の事件ネタです。

本ちゃんも良いネタを提供してくれますが、実はごっちんも結構な数のネタを提供してくれています。
(詳細はカテゴリー事件へ)

そして今回の話は、そのごっちんの事件。


※ ※ ※ ※ ※


それは、ごっちんがまだ10代だった頃。。。

ごっちんは、車の免許を取りに教習所に行った。

その日、初めて実技で車に乗るごっちん。

AT限定ではなく普通免許。

マニュアル車である。

シュミレーションで経験しているとは言え、そこは運転素人。

実際の車を運転するとなると、当然緊張をする初心者である。

緊張しているごっちんだが、そつなくエンジンを掛け教官の指示を待つ。

すると「では、ハンクラして」と教官。

ごっちん「はっ・・・はい!」





・・・・「プッ」

教官「・・・・・???」

戸惑っているようだ。

その様子を見たごっちんは焦った。

ごっちん『え?なんかした??だってちゃんとハンクラしたし・・・・』



ごっちんは半クラッチではなく、半クラクションだと思い、非常にショートなクラクションを鳴らしたのだ。


ふと気付くごっちん。

気付いた頃には、教官含め周辺からの冷ややかな視線。

非常に恥ずかしい思いをしたのだった。


※この事件は、ノンフィクションです。

ごっちん本人の証言を忠実に再現したものです。

桧原っ子。は、この事件に一切係わりはございませんので、ご了承ください。


04/03|事 件コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
数年前のこと・・・

とある理由で、ビッチ・ジョーヂ達と水戸に一泊することとなった。

折角水戸まで来たのだからと、水戸駅そばにある千波湖へ釣りをしに向った。

千波湖は水鳥保護区域を設けており、釣り区域・水鳥保護区域と分かれている。

一通り釣り区域を流したがイマイチパッとせず、横を流れる桜川へ移動した。

どの位経っただろうか。ふと周囲を見渡すと、たいぶ日が落ちていた。

「最後に上流に行こう。」

そう、皆に言い上流を目指した。

上流部は岸際がコンクリートで固められていた。

岸際に向うため土手を下ると、コンクリートとの間に水溜りができていた。

桧原っ子「暗いから足元に気を付けな!」

街頭も無く、辺りはもう暗い。

数分し、流石に釣りができる状況ではないと判断。

桧原っ子「帰るか!」

月明かりを頼りに慎重に土手を登り始めた。

すると後方から“バチャン!バチャバチャバチャ・・・!!!”

慌てて振り返ると、そこには水溜りで溺れているジョーヂの姿があった。

水深約15cmの水溜りで溺れているのだ。

3秒程経っただろうか。溺れているジョーヂの動きが止まった。

ようやくそこが水溜りだと気付いたのだ。

一つ間を置き、桧原っ子達は大爆笑でその光景を眺めていた。

ジョーヂ「最低だ。。。」

腐敗指数100%である。

そして立ち上がろうとしたジョーヂ。

右手に持っていたロッドが無事か確認する為持ち上げると・・・

“もっさ~”

モズクの様なものがロッドにもっさりくっ付いてきた。

再び大爆笑でその姿を眺める桧原っ子達。

今思えば、人が水溜りで溺れる姿を見ることは今後一切無いだろう。
05/18|事 件コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

桧原っ子。

Author:桧原っ子。
座右の銘・悪足掻KING。

JB深谷哲也BLOG。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム